ダイエットはもちろん、美肌やアンチエイジングにも!朝1杯のスムージーで美を磨こう!

EPARKリラク&エステ

2016年4月8日 更新

ダイエットはもちろん、美肌やアンチエイジングにも!朝1杯のスムージーで美を磨こう!

ダイエットはもちろん、美肌やアンチエイジングにも!朝1杯のスムージーで美を磨こう!

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

効率よく栄養が取れるスムージーは朝食にもベスト!

海外セレブが愛飲していることから火がつき、日本でも芸能人やモデルの間で流行したスムージー。ビタミンやミネラル・酵素・食物繊維など、美容に欠かせない栄養素が一度にタップリと取れます。そのため、ダイエットだけではなく美肌づくりにも効果があると、美に敏感な女性の間では定番のアイテムとなっています。

いつ飲んでもいいスムージーですが、美容効果が高いのは何といっても朝!野菜やフルーツに多く含まれるビタミンやポリフェノールは、昼間の紫外線やストレスにより発生する活性酸素を抑えてくれるといわれています。また、週末の朝ごはんをスムージーに置き換えるプチ断食も、デトックス効果が高く人気。野菜が主体のスムージーは、低カロリーでビタミンなどの栄養も豊富、食物繊維や酵素が腸の動きを活発にしてくれるのです。

一度にたくさんの野菜やフルーツを食べるのは難しいけれど、スムージーなら忙しい朝でもコップ一杯で効率的に栄養を摂ることができます!

25歳~55歳の女性たちにスムージーに関するアンケートを行った結果、このような内容になりました。

【自分でスムージーを作ったことはありますか?】
ある 19.1%
ない 80.9%


ハードルが高いと思われがちなスムージー。実はとっても簡単に作れちゃいます!

なんと約2割の人しか自分で作ったことがないという驚きの結果が!
「スムージー」という言葉は知っていても、自分で作るのは難しそう…と感じている人も多いのかもしれませんね。

スムージーの基本は「葉物野菜」+「フルーツ」+「水」といった、とてもシンプルなもの。ミキサーと材料さえあれば、誰でも手軽に作れてしまうんですよ!
さらに美容効果をアップさせたいなら、材料にも少しこだわってみましょう。冷蔵庫にあるもので充分に効果的なスムージー作りにチャレンジできます。

スムージーに人気の食材としては、葉野菜ならホウレン草・小松菜・チンゲン菜・レタス、果菜ならキュウリ・アボカド・パプリカなどがあげられます。そう、手に入りやすく値段も手ごろなものが多いのです。パセリやミントなどのハーブでアクセントをつけると味に変化が出て、より飲みやすくなりますよ。

甘みをプラスしたい場合は、なるべくフルーツのみで。季節のフルーツはもちろん、ポリフェノールたっぷりのアサイーや、βカロテンが豊富なマンゴーなど、スーパーで購入できる冷凍食品でもスムージー向きの食材が手に入ります。冷凍食品を使ってシャーベット状にすれば、おやつ感覚で美味しく味わうことができるので、これからの季節には特にオススメ(ただし冷えには注意してくださいね)。

続ける工夫、みんなはどうしてる?

飲み続ければカラダにイイ!とわかっていても、なかなか続けられずに三日坊主になりがちなのが現実。実際、アンケートの回答では「飽きてしまった」「材料費と時間がかかるのでやめてしまった」という声も…。

セルフメイドのスムージーを続けている人の声で、圧倒的に多かったのは「材料を変えて味に変化をつける」ということ。
確かに毎回同じレシピでは、飽きてしまうのも当然。野菜や果物の組み合わせを変えて、味に変化をつけるのは手軽でオススメです。

その他にも、役に立つ工夫をご紹介します。
・「好きな素材をベースに、毎日1種類だけ違う物を入れて週のローテーションにする」(42歳・女性・栃木県)
・「野菜と果物をミックスして、香辛料をアクセントにする」(54歳・女性・長野県)
・「繊維が残らないジューサーの使用」(42歳・女性・滋賀県)
・「手入れのしやすいミキサーの使用」(26歳・女性・神奈川県)
・「豆乳で作る」(39歳・女性・兵庫県)

食材に工夫をこらしたり、マシンにこだわるなど、ちょっとした工夫を施すことが続けられるポイントかも。これからの季節は葉野菜の種類も増えて、スムージー生活を楽しむのに絶好のタイミング。スムージーを作ったことがないという人も、やめてしまった人も、体の中からキレイになる生活をスタートしましょう!

◆執筆:橘あゆみ
<プロフィール>旅行代理店・旅行雑誌の制作を経て、編集や執筆をしています。美味しいパンとワインとキャンプが趣味。運動不足のため、どこでも気軽にできるヘルスケアが気になっています。

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE