整腸・腸内環境改善を促す方法 下痢や便秘にもおすすめ

EPARKリラク&エステ

2016年11月17日 更新

下痢が続いたら要注意!腸内環境を整えましょう

下痢が続いたら要注意!腸内環境を整えましょう

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

「あっ痛い! またお腹を下しちゃった……」そんな、お腹の調子の悪い日が続いていませんか? 慢性的に下痢が続いているあなたは、もしかしたら腸内環境が悪化してしまっている状態かもしれません。今回は、腸内環境を整えてお腹の調子を改善させるためのヒントをご紹介します。

腸内環境が悪化してるかも……。こんなサインには要注意

あなたの腸内環境は良好ですか?慢性的に下痢や便秘が続いている、おならの臭いがきつい、お腹が張っている気がする、といったお腹のサインが見られるようになっていたら要注意です。腸が食べ物や水分を消化・吸収したり、便を体外へ排出したりする能力が低下しているかもしれません。

一時的な体調不良かと思いきや、知らず知らずのうちに腸内環境が悪化してしまっていることもあります。腸を疲れさせる習慣についてきちんと理解し、対策を取るのが望ましいでしょう。慢性的な下痢が続くようなら、いつまでも下痢止めの薬に頼るのではなく、自分自身の生活習慣を根本的に見直したり、医療機関へ足を運び医師の診察を受けるなど行動に移すことをおすすめします。

慢性的な下痢を引き起こしてしまう原因は?

慢性的な下痢を引き起こしてしまう原因には、いくつかのケースがあります。まずは、普段の食習慣が原因となっている場合です。アルコールを頻繁に取ったり、脂っこい食事が多かったり、野菜の摂取量が極端に少なかったり……。偏りのある食生活は、腸内環境を悪化させやすいといえます。

また、生活習慣が原因となっている場合もあります。常日頃から強いストレスにさらされていたり、薄着をしてお腹を冷やしていたり、睡眠不足だったり……。こういった習慣が重なると、お腹を壊しやすくなります。あなたにもいくつか心当たりがないでしょうか? お腹を壊しやすい生活環境を作っていないかどうか、今一度思い当たるものをピックアップして、見直してみましょう。

腸の状態を健康にするには?効果的な対策は?

腸内環境を改善させて健康になるためには、どのような対策が効果的なのでしょうか? まずは何よりも、基本的な食習慣や生活習慣を見直すことが重要です。暴飲暴食やお腹を冷やすようなことは避けて、なるべく腸に負担をかけない生活を心がけてみてください。そして、ヨーグルトを始めとした、お腹に良いとされる食べ物を取り入れましょう。腸内で働く善玉菌のエネルギー源となる「オリゴ糖」を一緒に取ると、さらに整腸効果を期待できます。腸内環境を整えるためのサプリメントを利用してみてもいいでしょう。サプリメントは、たった数日ですぐに効果が出るものではありません。飲み続けることでより健康に近づくものですから、焦らず続けてみてください。

まとめ

今回は、慢性的な下痢と腸内環境についてお伝えしました。お腹の調子が悪い状態は、電車通勤のビジネスマンにとっては、かなりつらいもの。いつ下痢になるかわからない不安な状況では、よりストレスもたまってしまうでしょう。下痢止めのお薬で一時的に症状を抑えるだけではなく、毎日の食習慣や生活習慣を見直し、根本的な対策をしたいですね。あなたも腸に負担をかけやすい習慣がないか、チェックしてみてください。

アルコールの取り過ぎ、脂っこいものの食べ過ぎ、野菜や果物の不足は、腸内環境を悪化させる恐れがあります。また、強いストレスやお腹を冷やしやすい薄着、睡眠不足にも気を付けておきましょう。ヨーグルトやオリゴ糖などの、腸に良いとされる食べ物を意識して取ることもおすすめします。さらにプラスで対策をするなら、整腸効果が期待できるサプリメントを毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか? 疲れた腸をいたわって、お腹の調子が楽になるといいですね。

関連キーワード

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE