脱毛の赤みをケア 原因と対処法を知ってつるすべ肌をゲット

EPARKリラク&エステ

2016年12月13日 更新

脱毛後にきれいな肌を保つために知っておきたいこと

脱毛後にきれいな肌を保つために知っておきたいこと

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

脱毛後、肌が赤みを帯びるなどの変化を経験したことがあるという人は多いのではないでしょうか。今回は脱毛後の肌トラブルの原因や、脱毛後もきれいな肌を保つためのアフターケアのコツについてご紹介します。

脱毛後は肌がデリケートな期間

サロンなどで脱毛を行った後の肌はとても敏感になっており、適切なケアを行う必要があります。特に脱毛直後は肌に刺激を与えないよう、充分に注意をすることが必要です。具体的には、低刺激の日焼け止めクリームや日傘などを使用して、紫外線から肌を保護することが大切です。

また、脱毛後、肌にダメージがある期間には個人差があります。自己処理を行うなら、毛が抜けている最中である2週間程度は我慢し、保湿クリームを塗るなどのアフターケアに徹してください。敏感肌の人の場合は、脱毛によるダメージの回復にさらに時間がかかることもあります。ダメージを受けた肌をゆっくりと休ませましょう。

肌の赤みはなぜ起きるのか

脱毛後の肌の赤みは、その日の体調によっても変化します。例えば、脱毛前に紫外線に当たり、日焼けをしている肌を脱毛するとします。一般的に、脱毛の前後は紫外線に当たることはNGであるとされていますから、日焼けをした肌への脱毛は肌にとって大きなダメージとなり、肌の赤みなどが起きる原因になると考えられます。また、女性は生理中ホルモンバランスが不安定になり、肌も敏感になります。そのため、生理中の脱毛は避けた方が良いとするサロンが多いようです。

自宅でできるケア方法

脱毛後、簡単にできるセルフケアがあります。まずは前述のように紫外線から肌を守ることです。外出時には低刺激の日焼け止めを使用したり、日傘、長袖の着用をしたりするなどの工夫をすることで紫外線をある程度カットすることができます。

次に、脱毛後の肌にしっかりと保湿をすることで、赤みを緩和することができるでしょう。摩擦も肌への負担となりますから、普段から敏感肌や乾燥肌で悩んでいるという人は気を付けましょう。肌のほてりを感じた時は、保湿と共に、水で濡らしたタオルをあてるなどして落ち着けると良いでしょう。また、脱毛後に湯船で体を温めたり飲酒をしたりすることは、体をほてらせ赤みなどの悪化の原因となりますので注意が必要です。

ひどくなる前にサロンに相談しよう

脱毛後、肌が赤みを帯びたり、かゆみを感じたりすること自体は珍しくはありません。その程度にも個人差があります。しかし、肌の不調が気になるようならひどくなる前に専門のサロンに相談をすることをおすすめします。そのまま放っておくと赤みが増すこともありますし、かゆみがある部分を引っかいてしまうと肌トラブルの原因となってしまいます。脱毛後もきれいな肌を保つために、専門サロンでアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

肌をきれいに見せるために、脱毛を取り入れる方が増えてきています。しかし、脱毛した後は肌が敏感になっているので、しっかりとアフターケアをすることが大切です。また、かゆみや痛み、赤みなどの不調を感じた時には、早めにサロンに相談すると良いでしょう。

関連キーワード

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE