むくみやすい顔と足の 原因とマッサージ方法を紹介

EPARKリラク&エステ

2017年2月18日 更新

むくみの原因を知って、マッサージでスッキリさせよう!

むくみの原因を知って、マッサージでスッキリさせよう!

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

立ち仕事が多い方や長時間同じ姿勢でいるデスクワークの方などは、夕方になると足がむくむということはないでしょうか? 今やむくみは女性だけでなく男性でも悩む方が多いのだとか。これまで何となく見過ごしてきた「むくみ」としっかり向き合うことで、予防や改善に役立てましょう。今回はむくみの実体や原因、そして対処法をご紹介します。

そもそもむくみって何?

むくみとは体内の水分調整がうまくいかずに、皮膚の下に水分がたまってしまう現象を指します。人間の体には血管(静脈、動脈)とリンパ管が張り巡らされています。通常は血管から出て行く水分量と再吸収される水分量はほぼ同じ。しかし、何らかの原因で染み出る水分量が多かったり、再吸収がうまくいかなかったりすると行き場の失った水分が皮下にたまり、むくみとなります。

むくみの主な原因

むくみの原因① 水分バランスの悪さ

インスタント食品など塩分の多い食事が続くと、体はむくみやすくなります。塩分を取りすぎると体は水分を取り込もうとするため、むくみにつながるのです。お酒を飲んだ翌日にむくみやすくなるのも、アルコールにより体内の水分バランスの調整が狂うからです。また夏場にエアコンを使いすぎると、汗をかきにくい体になることは知られていますが、発汗機能が落ちることで水分が体にたまりやすくなり、むくみにつながるともいわれています。

むくみの原因② 血行不良

血液やリンパの流れが滞る、すなわち体内の“巡り”が悪くなると老廃物や水分が体内にたまりやすくなり、むくみの原因となります。

むくみの原因③ 運動不足

上記の血行不良を招く要因にもなるのが運動不足です。リンパ液や静脈血は筋肉の力を借りて動いています。よって、運動不足や加齢によって筋肉量が低下すると老廃物や水分がうまく運搬されずに、むくみとなって現れやすくなるのです。ちなみに、運動不足は新陳代謝を悪化させて体を太りやすくします。実は肥満もむくみの原因のひとつとされているので悪循環といえます。

思い当たるものはあったでしょうか? 以上の3つがむくみの主な原因となります。続いて、悩んでいる人の多い「顔」と「足」のむくみに迫ります。

気になる顔のむくみ

顔のむくみは、多くの人が足のむくみと同じもしくはそれ以上に気にしているのではないでしょうか? 特に顔は、第一印象を決める大きなポイントのひとつです。足と違って隠すことができないのも悩みどころの顔のむくみについて見ていきます。

なぜ顔がむくむの?

前日にお酒を飲みすぎたり、体調が悪かったりすると発生しやすい顔のむくみ。顔がむくむと全体的にぼんやりとした印象になり、太って見えてしまうことも。具体的には以下のような原因が考えられます。

アルコールによる顔のむくみ

日頃からアルコールを取ってから寝る人は、むくみに要注意です。アルコールを取りすぎると、血中のアルコール濃度が高くなります。そうするとアルコール濃度を下げようとして体は水分をため込むので、むくみやすくなるのです。アルコールの利尿作用に対抗する意味でも、体は水分を貯蓄しようとします。さらに、おつまみなどで塩分が多いものを取るとむくみが加速しやすくなります。

重力による顔のむくみ

日中は重力の影響で足がむくみやすくなりますが、寝ているときは横になることで頭部にも水分がたまりやすくなります。よって、朝は顏がむくみやすいというわけです。重に寝起きに顔がむくんでいる原因はここにあったのです。睡眠前に水分を多く取ると、さらにむくみやすくなります。

気になる足のむくみ

ヒールの高い靴を履き続けたり、睡眠不足でもむくみやすくなるという足。また、腰痛が原因となることもあるようなので、注意が必要です。なぜ足がむくむのか、見ていきましょう。

なぜ足がむくむの?

足は心臓から最も離れていることもあり、血液やリンパ液が滞りやすくなります。とくに、長時間立っている仕事や座り続ける仕事の方は、足がむくみやすいもの。また、運動不足による筋力低下や筋疲労、特にふくらはぎの筋力不足は血流を悪くさせ、むくみやすい体質になりやすいと考えられています。

冷えによる足のむくみ

足にたまった血液は、ふくらはぎの筋肉の伸び縮みにより心臓に向かって押し上げられます。足が冷えている状態は足の血流を悪くするばかりか、筋肉を硬くこわばらせてしまうので、ふくらはぎのポンプ機能が落ちむくみやすくなるといわれています。

腰痛による足のむくみ

足のむくみは、腰痛にも関係しているといいます。腰痛によって腰まわりの筋肉が緊張したり不自然な姿勢を取ることによって、太ももやふくらはぎの筋肉にまで負担がかかりポンプ機能の低下へ。血液やリンパの流れが滞って足がむくみやすくなります。

むくみの改善

むくみを改善させるには、日頃のケアが大切になってきます。食事・睡眠・運動といった生活習慣の見直しに加え、体の巡りを促すマッサージなどを上手に取り入れていくとよいでしょう。

顔のむくみ改善

予防の観点からいえば、「体を冷やさない」「塩分を控えた食事」「運動」の3つが大切です。そうはいっても、そう簡単には避けられないのがむくみ。そこで、すぐに実践できる顔のむくみ対策をご紹介します。

顔のむくみ対策は前日が重要

疲れは翌日になるべく持ち越さないことが大切。そのためには浴槽浴やストレッチで血液をうまく循環させることが有効です。ちなみに入浴で体を温めて血流が改善されると、睡眠の質が良くなるといわれ、高い疲労回復効果も望めます。

顔のリンパマッサージ

リンパマッサージによってリンパの流れを整えることで、顔のむくみをケアするのもおすすめです。もしも朝、顔がむくんでいたら以下のセルフマッサージを試してみて下さい。

  1. 鎖骨の下のラインに沿って、内から外側に向かって人差し指と中指の腹を使ってリンパを流す。
  2. 指先を使って口角→頬→目の下→耳の下→輪郭の順で内から外に向かって回しながらマッサージをする。
  3. このサイクルを3~4回行う。

足のむくみ改善

顏と並んでむくみが気になりやすい足に関しても、生活習慣を見直しながらセルフマッサージでケアしていきましょう。

足のむくみの改善ポイント

足は心臓よりも下にあるので、重力により血液が下にたまりやすくなっています。よって、ポイントとなるのは足の位置です。仕事の休憩中など、足をいつもより高い位置に置くだけでもむくみ予防に。就寝時はタオルや座布団を使って足を少し上げて寝ると、朝起きた時にむくみが少なくなるといいます。

足のリンパマッサージ

血液やリンパの流れがスムーズになっている入浴後に、ボディクリームやオイルを使って行うのがおすすめです。

  1. 足裏の中心を親指でプッシュ
  2. 足の甲を横方向に全体的に軽く流す
  3. 足の指を1本ずつ丁寧にもむ
  4. 足首から膝の裏に向かって、ふくらはぎを指の腹で優しくさする
  5. 膝から上に向かって太ももの内側を手のひらで圧をかけながら大きくさする
  6. 外側も内側と同じようにさする

食事とむくみ

食事とむくみは密接な関係にあります。塩分を取りすぎるとむくみやすくなることについては、もうお分かりいただけたかと思います。今度はむくみ改善効果が期待できる食材を紹介します。

利尿作用が期待できる食材とは?

高い利尿作用を持ち、塩分に多く含まれるナトリウムの排泄にも一役買ってくれる栄養成分といえば「カリウム」。カリウムには、水分を取りすぎた場合でも体内水分量を一定に整え、保ってくれる働きがあるというのでむくみ対策におすすめ。緑黄色野菜や豆類、イモ類の他、スイカやバナナなどのフルーツからもカリウムは摂取できます。

マッサージサロンではどのように選べばいいの?

むくみを改善させるためにマッサージ・リラクゼーションサロンの利用を考える人も多いでしょう。ただ、どのようなマッサージを選べばいいかわからない方も多いと思います。そこでいくつかおすすめのメニューをご紹介します。

リフレクソロジー

高いリラクゼーション効果はもちろん、血液やリンパの流れの促進が期待できるリフレクソロジー。手・足・耳などにある「反射区」というゾーンを刺激するアメリカ発祥の施術で、足裏リフレが有名です。ツボ押しを意識した「台湾式リフレクソロジー」やオイル使用の刺激の少ない「英国式リフレクソロジー」などがあるので、好みによって選び分けることができます。

「足裏マッサージ」のサロン

リンパマッサージ

リンパの流れをスムーズにさせて老廃物の排出を促すリンパマッサージ。むくみの改善をはじめ、冷えやチエイジングの悩みなどにも対応。スリミング効果でも注目されているので、体をスッキリと見せたい時にも有効な施術です。

「リンパマッサージ」のサロン

フェイシャルケア

プロの巧みな手技によるトリートメントにより、むくみ改善の他、リフトアップや顔色のトーンアップも期待できるフェイシャルケア。むくみが引くことでフェイスラインがすっきりとして、小顔に見えるといううれしい効果も。

「フェイシャルエステ」のサロン

まとめ

「体質だから…」とあきらめがちなむくみですが、その原理を知って予防することで改善が期待できそうです。生活習慣の見直しとセルフケア、プロのトリートメントを上手に組み合わせて、今こそ気になる顏や足のむくみをケアしましょう。ちなみに、通常むくみは一時的なものです。何日も続くような場合は医療機関に相談してみてください。

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE