夏の冷え対策!その原因と注意点とは?血行改善習慣を学ぼう

EPARKリラク&エステ

2017年7月20日 更新

冷えの原因は? 夏場でも冷たい手足にはこう対処!

冷えの原因は? 夏場でも冷たい手足にはこう対処!

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

暑い時期でもなぜか手足はひんやりしている……。なんてことはありませんか? 体の末端が冷たくなってしまうのは、エアコンや食習慣、服装などが関係しているかもしれません。血の巡りを改善させるために、今こそ生活習慣を見直してみましょう。

女性の大敵、冷えの原因は?

もともと女性の体は冷えやすいといわれています。体内で1日に作られる熱の約6割は筋肉によって生み出されるといい、その筋肉が女性は男性に対して少ない傾向にあるからです。

加えて肌の露出が多い夏場は、無理なダイエットにより栄養不足に陥ったり脂肪と同時に筋肉量を減らしてしまう人も多いもの。それがさらに「冷え」を加速させるのです。

また、エアコンの効いた部屋で長時間過ごしたり、冷たいドリンクをガブガブと飲むことで、手足やお腹まわり、さらには内臓まで冷やしてしまうことも……。「夏こそ冷え対策」といわれるのはそのためで、外気は熱いのに体は冷えているということが夏には往々にしてあるのです。

冷えが深刻化するとこんな影響も

夏場の冷えを放っておくと、思いもよらない不調を招くことがあります。まず、冷えによって血行が悪くなると、だるさや頭痛などの体調不良が起こることがあります。こういった調子の悪さが、夏バテや夏風邪にもつながるので注意が必要です。

冷たいものの食べ過ぎで体の中が冷たくなると、胃腸の働きが低下してしまいます。その影響で胃もたれ・下痢などが発生するかもしれません。

さらにエアコンの効いた部屋に長時間いると、体が冷えるだけでなく自律神経の働きが悪くなり、屋外へ出た時に温度差についていけずにのぼせてしまい、熱中症になる恐れもあります。

このように状態が深刻化しないうちに、夏の冷え対策を取りたいものです。

ちなみに手足や腰、腹部など、特定の部位が常に冷たく感じる状態を「冷え性」といい、食事や睡眠、運動といった生活習慣による血行不良が主な原因だといわれています。

冷えにくい体を作る!血行不良を改善させる方法

冷えにくい体を作るために、さっそく生活習慣を見直してみましょう。

エアコンの温度を下げ過ぎる傾向がある人は、28度を目安に設定を変えてみてください。省エネにもなり一石二鳥です。

また、無理なダイエットは控えて栄養バランスの整った食事を取ると共に、熱中症に注意しながら適度な運動をして筋肉量を維持しましょう。ちなみに、体を温める作用が期待できる野菜としては、しょうが、にんじん、たまねぎ、にんにくなどが挙げられます。

外出時にはエアコンの効いた場所で過ごすことを想定して、上着やストールを持ち歩くのをお忘れなく。また、暑いからといって入浴をシャワーだけで済ませるのはおすすめできません。きちんと湯船に浸かることで、体が芯からポカポカに。血行不良を改善させる効果が期待できます。

まとめ

今回は夏場でも手足が冷たいという方のために、血行不良を改善させる方法をご紹介しました。気温が上がるにつれてエアコンの設定温度を下げたり、薄着をしたり、入浴をシャワーで済ませたりしがちに……。また、ダイエットのための過剰な食事制限も冷えの原因となります。生活習慣をひとつずつ見直して、つらい夏場の冷えと決別しましょう!



冷え性を改善したい


岩盤浴・スパ・温浴



今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE