ダイエットにも効果的?耳つぼの基本情報とセルフマッサージ方法

EPARKリラク&エステ

2017年7月27日 更新

耳つぼの効果とは? ダイエット、肩こり改善、二日酔い対策まで!

耳つぼの効果とは? ダイエット、肩こり改善、二日酔い対策まで!

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

デスクワークによる肩こりやしつこい腰の痛み、頭痛などで悩んでいませんか? また、ストレスによるドカ食いが慢性化してしまっている人も多いのでは……。皆さんのその悩み、耳つぼマッサージで改善できるかもしれません。

耳つぼ刺激は、手軽にできる健康・美容法のひとつ

ツボが110個あまり存在するという耳。東洋医学では、耳を見ればその人の体調がわかると考えられています。たくさんの耳つぼの中には、食欲を抑えるツボや胃の働きを活発にするツボもあり、今やダイエットの分野でも注目されているのが『耳』というパーツなのです。

耳つぼで不調を緩和!覚えておきたいゾーンやスポット

ではさっそく、イラストでツボの位置を示しながら、耳つぼマッサージの方法を紹介します。悩みに合わせて、ぜひ耳を刺激してみてください。

頭痛を感じたら『頭痛帯』をもむべし!

“頭痛帯”は耳たぶ上の内側にある、軟骨が少し出ている部分。ここに頭に関連するツボが集まっているので、頭痛を感じた時に刺激してみましょう。親指と人差し指でつまんでもみます。

『肩こり帯』で重だるい肩がスッキリ!

耳たぶ上の外側に位置する“肩こり帯”。肩こり関連のツボが集まっています。親指と人差し指でつまんだりもんだりしてみましょう。痛いと感じる部分が、最も効果的な刺激スポットだといいます。

慢性的な腰の痛みには、『腰痛帯』がおすすめ

“腰痛帯”は耳の上部内側に位置しており、腰に関連するツボが集まっています。親指と人差し指をこすり合わせて指を温めたら、親指を腰痛帯に当て、人差し指で挟んでリズミカルにもみます。

ダイエットをするなら『飢点』で食欲抑制

“飢点”は耳穴の手前の突起の下(くぼみ)にある、食欲を抑えるツボです。食欲中枢に刺激を与えることで、少量で満腹感を得られると考えられています。人差し指の腹を当てて、やや強めに押します。

『酔点』と『肝臓点』で二日酔いを撃退

飲む前は、飲みすぎを抑えるという“酔点”を刺激しましょう。それでも飲みすぎてしまったら、“肝臓点”を刺激。肝機能を強化する働きが期待できます。刺激方法はツボを押すだけです。

禁煙したい人は、この2点を刺激!

禁煙のツボといわれるのが、胃と口の2つのツボ。これらを押しながら刺激することで、タバコに手が伸びにくくなるとか。禁煙を考えている人は、ぜひトライしてみてください。

耳つぼを探さなくてもできる!耳のマッサージを教えます

ツボを探さなくても簡単にできる耳のマッサージを紹介します。「もむ」「こする」「引っ張る」という3つの方法を合わせてマッサージを行いましょう。

もむ

親指を耳の裏側に当てて、人差し指で耳を挟みます。耳全体をくまなくもんでほぐしていきましょう。

こする

人差し指と中指の間に耳を挟み、ゆっくりとさするイメージでこすっていきましょう。

引っ張る

親指と人差し指で耳をつまみ、耳上部は上へ。耳の中段は外側。耳下部は下へと引っ張りましょう。

耳をまんべんなくマッサージすることで、体がポカポカと温まってくるのがわかるでしょう。血行が促進されて肌ツヤが良くなったり、心身のリフレッシュ効果も期待できます。ちょっとした空き時間に、ぜひ取り入れてみてください。

まとめ

今回は自分でできる耳つぼマッサージをご紹介しました。耳には約110ものツボがあり、該当のツボを刺激することで、さまざまな不調の緩和が期待できます。自分でやってみて今一歩実感が得られないという場合には、サロンでの施術がおすすめ。ツボに精通したプロの施術を受けることで、刺激の強さやツボの正確な位置がわかれば、セルフマッサージの上達にもつながるでしょう。




おすすめサロンはこちら



今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE