ぎっくり腰はなぜ起こる?理由の一つ、歪みについて解説

EPARKリラク&エステ

2018年10月3日 更新

その「ぎっくり腰」、歪みが原因かも!?

その「ぎっくり腰」、歪みが原因かも!?

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

「ギックラー」という種族がいるらしい。どうも「ぎっくり腰」を繰り返す人を指すようですが、その発症パターンはさまざま。「道端でくしゃみをしたらギックリきて、そのまま動けなくなってしまった」「居酒屋のトイレでギックリ勃発。友達にパンツを履かせてもらった」「犬にリードをつけようとして、かかんだ瞬間にキタ!」など、ギックラーの数だけギックリ・エピソードがあり、オトナが10人ぐらいで飲んでいると、たいてい1人や2人はギックリ経験者がいるもの。正確なデータは分かりませんが、体感としてギックラー人口は意外に多いと踏んでいます。

「魔女の一撃」ぎっくり腰はなぜ起こるのか。要因は歪み?

そんなぎっくり腰の正式名称は、「急性腰痛症」。欧米では「魔女の一撃」などといわれます。まさに、ふいうちを食らったように腰に急激な症状が出ます。


ぎっくり腰になる理由は明確には分かっていないそう。ただぎっくり腰になってしまう人は、体の歪みなどによってふだんから腰のバランスが悪くなっている方が多いそうです。


そんな状態で重い物を持ち上げようとしたときなど、何かの拍子に腰が“捻挫”状態になって痛みを発症するケースが多いようです。なので、アクシデントというよりも、起こるべくして起きているといってもよいのかもしれません。

するべきは予防。プロの手を借りてみましょう

ぎっくり腰を起こしたとき、とくに初めての人は慌てて救急車やタクシーで病院に行こうとしますが、まずは安静にすることが肝心。そして痛みが引いたら、硬くなった筋肉をもみほぐすなど腰のケアをすると同時に、姿勢や生活習慣を見直してぎっくり腰の「予防」に目を向けたいもの。いつぎっくりが来るかヒヤヒヤしながら暮らすよりも、ギックリしないカラダを作る方がいいですもんね。


ぎっくり腰予防の第一歩は、自分の「カラダ」を知ることです。整体や矯正、カイロプラクティックなどのサロンでは、たいていひとりひとりの歪みをチェックしたあと、施術によってバランスを調整し、さらにカラダを歪ませないためのアドバイスなどをしてくれます。カラダに染みついた“クセ”を直すのは簡単ではないかもしれませんが、長い目で見れば、プロのサポートを受けながら正しくボディメンテナンスをすることが「ギックラーからの脱出」の近道だといえるでしょう。

なりやすい人、なりやすい動作

以下、ぎっくり腰の体験談や各種資料をもとに、「ぎっくり腰になりやすい動作」と「ぎっくり腰になりやすい人」をまとめてみました。

◆ぎっくり腰になりやすい人:・体に歪みが生じている・デスクワークが多い・重い荷物を持ち上げる機会が多い・加齢や運動不足で筋力が低下している・足を組んだり横座りをする傾向がある・猫背など姿勢が悪い

  

◆ぎっくり腰になりやすい動作・荷物や子供を持ち上げようとして・くしゃみや咳をした瞬間・朝、布団から出ようとして・椅子に座った状態から立ち上がろうとして・シャンプーや洗顔で前かがみになったとき

最後のひきがねをひくのはくしゃみ?

ちなみに、くしゃみや咳は、肋骨を骨折する人もいるくらいカラダに負担がかかるとか。くしゃみが出そうになったら、かがまずに姿勢をまっすぐにするというのも、ぎっくり腰の予防につながるようです。また、急激な腰痛は尿管結石などの内臓疾患でも起きることがあるので、おかしいなと感じたときは医師の指示を仰ぐようにしてください。最後にどうでもいい発見ですが、「ギックラー」ってギャラクシーと似てますよね。


【整体】のサロンはこちらから!

【矯正】のサロンはこちらから!

【カイロプラクティック】のサロンはこちらから!

【腰の痛みをとりたい】ときはこちらのサロンへ!

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE