ドライヘッドスパでこり、むくみ、疲れ、不眠も改善?

EPARKリラク&エステ

2018年7月10日 更新

施術を受ければほぼ寝落ち?気軽に行けるドライヘッドスパ

施術を受ければほぼ寝落ち?気軽に行けるドライヘッドスパ

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

なんだか最近疲れがとれない。朝起きるとだるく寝た気がしない。顔のたるみ、むくみ、おでこのシワなどが気になる。首、肩が常に凝っている。

実はこういった現象は「頭のこり」が原因ともいわれています。現代人の頭はストレスや目の疲れなどで、がっちりと締めつけられやすい状態だそうです。その頭のこりは首、肩、全身に悪影響を及ぼすそうです。

特に仕事はデスクワークで隙間時間はすぐにスマホをみるような人だと、既に全身がガチガチ状態になっているかもしれません。

髪と頭皮のケアからリラックスへ導く

そこでおすすめなのが「ヘッドスパ」。ヘアサロンやリラクゼーションサロンで提供されているメニューで、専門のヘッドスパサロンもあります。

ヘッドスパは主に「ヘアケア・トリートメント」と「頭部のもみほぐし」を行います。洗髪し、クリームや様々なオイルで、荒れた髪や頭皮環境を整えるのが一般的。

さらに頭部の痛みや疲れや張りの改善、頭部のもみほぐしとオイルの香りなどによる心身のリラックスなどが期待できます。

施術を受けると寝てしまう?注目のドライヘッドスパ

一方、近年注目されているのが、「ドライヘッドスパ」です。水やクリームやオイルを使わない、ドライ(乾いた状態)のヘッドスパを指します。「頭ほぐし」ともいわれており、近年多くのメディアで取り上げられ、知られるようになりました。

整体・指圧やリンパマッサージなどに比べて優しいタッチ。頭皮をしっかりととらえ、頭蓋骨に圧をかけすぎることなく、頭部の軟らかな筋肉を傷つけないように、ほぐしていきます。

その効果は絶大だそうで、リラックスできる、頭がすっきりする、目がぱっちりと開く、むくみがとれて小顔になる、家に帰っても熟睡できるようになった、などの声がネット上に溢れています。

専門のヘッドスパサロンでは、あまりの気持ちよさに、ほとんどの人が施術中に寝落ちするともいわれています。

ドライヘッドスパは肩首から頭のほぐしだけで、頭部が濡れたりすることもないので、空いた時間、昼休みなどでも気軽に行くことができます。頭がすっきりすることで、仕事のパフォーマンスが上がるかもしれません。

セルフでもやってみたいドライヘッドスパ

ドライヘッドスパは、プロの施術を受けるのがおすすめですが、自宅で時間もお金も気にせず行う人もいるようです。

両手で頭頂部周り、こめかみ、耳付近、後頭部などをもみほぐしてみてください。頭皮を動かすイメージで行うのがポイントで、頭の血流が良くなることが期待できます。少ない力で頭皮を刺激できるさまざまなマッサージグッズも売られています。

全国のサロンで予約できます

頭とその周辺だけのリラクゼーション、ドライヘッドスパなら、水もオイルも使わず着替えも不要。頭部から首肩全身までリラックス可能。小顔効果も期待でき、不眠まで改善できるかもしれません。

ドライヘッドスパを受けられるサロンは全国にあり、もちろんEPARKリラク&エステで予約できます。ぜひ気軽に行ってみてくださいね。


ヘッドスパ・頭皮ケアの予約はこちらから

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE