枕のおすすめはコレ!パラマウントベッドの体験会に参加&枕使用レポ

EPARKリラク&エステ

2018年12月28日 更新

肩こり・いびきの原因は寝具にあり!?パラマウントベッド体験会に行ってきた

肩こり・いびきの原因は寝具にあり!?パラマウントベッド体験会に行ってきた

  • faecbook
  • Twitter

たっぷり眠ったはずなのに、目覚めたそばから疲れている。

眠っている間に何があったの?ってぐらい、首が痛い。

朝起きると、喉がカラッカラに乾いている。


そんな経験、ありませんか?


私はあります。


寝相が悪い。

いびきをかいている。

悪夢を見ている。

枕や布団がずれている。

寒い。

暑い。


……理由はいろいろ考えられますが、眠っている自分を見ることはできないから想像の域を出ないわけで。それ以上詮索しても不毛なので、うやむやにしてまた次の朝を迎えるという人生。

そんな自分の元に舞い込んできたのが、医療用ベッドのパイオニア、パラマウントベッドさんによるメディア体験会のお知らせ。次世代の電動ベッドの体験、枕診断、睡眠セミナーの豪華3本立てだ。

さっそく、東京・京橋にある『パラマウントベッド 眠りギャラリー YOKYO』へ行ってまいりました。

電動ベッドはここまで進化している!

高い天井に木目調のインテリア、そして落ち着いたライティングを施したギャラリー内は、まさに眠りを誘う癒し空間。実際にパラマウントベッドの製品を見て、触れて、体感することができます。

今回お披露目されたのは、パラマウントベッドの『INTIME(インタイム)』シリーズ。

これは「今は一般のベッドとして使い、将来は介護ベッドとしても使いたい」というニーズに応えて開発されたもので、一見するとおしゃれな高級ベッド。そこにオプションの介助バーや転落防止のサイドレールをプラスすることで、介護ベッドに早変わりするというニュータイプの電動ベッドです。

実は自分の父も70歳を過ぎてから介護ベッドを使い始めましたが、年を取ってから慣れないベッドで寝起きするのはそれなりに大変で、家族も最初使い方が分からずにオタオタしちゃっていました。

そう考えると、生涯安心して身を任せられるベッドを30~50代のうちから選んでおくのもありなのかなと感じます。

しかも、背中や膝の角度を調整して、ベストな寝姿勢をつくることができるという電動ベッドならではの機能は、眠りの質をアップさせるのにも大活躍。

当日開催された、太田総合病院記念研究所 太田睡眠科学センター所長・医学博士の千葉伸太郎先生によるプレスセミナーでは、とくに、いびきや睡眠時無呼吸症において、「ベッドの背を上げたり、抱き枕などを使って横向きに眠るなど、眠るときの姿勢を変えるだけでも軽減効果が望める」とのこと。

また、肩こりや頭痛、腰痛なども寝具によって改善される場合があるといいます。

多彩な電動ベッドに加え、枕やリネン類も豊富に揃うギャラリー内。

壁一面にズラリと並ぶのは、睡眠にまつわる書籍の数々!

幅80センチ!このサイズが寝返りを劇的に楽にしてくれる

そして、いよいよお待ちかねの『枕診断』。

モダンなデザインの電動ベッドに横になると、ギャラリーのスタッフの方が、首のカーブなどをチェックしながら、ひとりひとりにぴったりの枕を提案してくれます。


こちらが、当日フィッティングした『スマートフィットピロー』。

第一印象は……

「長っ!」

なんと幅は80cm。

自分がふだん使っている枕より20cmも長く、シングルベッドにギリギリ収まるワイド感です。

そして……

「平たっ!」

高さは7.1cm~。付属のパッドによって微調整も可能ですが、薄くてフラットな印象。

さらに、目を引くのが……

「突起!」

魚のヒレのように飛び出た部分は、首から肩を支える『ショルダーサポート』。仰向けになると、首のカーブにやさしくフィットします。


中身はこんな感じ↓

上から

① ふわふわの『粒わた』層

② 表と裏を変えることでかたさ調整ができる『サポートコア』

③ 高さ調整のためのパッド

スマートフィットピローは3タイプの高さから選べますが、さらに2枚のパッドで高さの微調整ができます。

しかも、グレーのサポートコア以外は水洗いOK!

さてさて、私の枕診断の結果は……

ロータイプ、ソフト面で、パッド2枚。

ラーメンのコールのごとくカスタマイズされた巨大な枕を、サーファー気分で持ち帰り、その晩さっそく使用させてもらいました。

ま、枕が動いてません!


翌朝。

目を覚ましておったまげました。

枕が、まったく動いてません!

寝相の問題もあり、ほぼ毎朝、左右にずれていたり、斜めになったり、ベッドの隅っこに追いやられていたりしていたマイ枕。頭が枕から落下していることもしょっちゅうでした。

そういう日は、たいてい首や肩が痛いのです。

しかし、自分仕様に調整されたスマートフィットピローは、何度寝返りを打っても微動だにせず、頭が枕から滑落することもなく、仰向けになればフワフワの突起が首のアーチをやさしく支えてくれる。つまり、睡眠中に余計な仕事をすることがないので眠りに集中でき、驚くほど寝起きが爽快。

翌日も、その次の日も、幅80㎝の大平原で寝返り打ち放題!

うわー、なにこれ~。

こんな簡単なことで、睡眠って改善されるの?

こうなるとすっかり欲が出て、ベッドも布団も診断してほしくなるが、ひとまず枕ひとつで睡眠の質がガラリと変わり、体が格段に楽になるのを知ってしまった平成最後の冬。

ちなみに女性の寝つきが悪いと、翌日の夫婦間の関係が悪くなるという報告もあるそうで。

自分のために、家族のために。

2019年、まずは寝具を見直してみるってどうだろうか。

パラマウントベッド 『INTIME』



睡眠改善におすすめのリラクサロンはこちら

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE