ワキ汗に悩むすべての人向けの新しい制汗剤が話題

EPARKリラク&エステ

2016年2月12日 更新

今年のミューズは沢尻エリカさん★『Ban』新製品発表会へ!

今年のミューズは沢尻エリカさん★『Ban』新製品発表会へ!

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

“ワキ汗悩み層”にフォーカスしたシャンパンゴールドの制汗剤が登場♪

立春をすぎたとはいえ、まだ底冷えのする2月5日。東京都内でライオン株式会社の制汗剤、『Ban』シリーズの新製品発表会が開催された。ひときわ目を引いたのが、シャンパンゴールドのボトルが印象的な、ロールオンタイプの『Ban 汗ブロックロールオン プレミアムラベル』。

この制汗剤、何がすごいって、ポリマーを混ぜた特殊な製剤を使うことで、まるでコルク栓のように汗の出口にしっかりフィット。汗ジミやニオイの原因となるワキ汗を、“出る前に”抑えてしまうのだ。大量の汗や摩擦にも強いことから、真夏でも汗ジミを気にせずにすごせるというのがポイントとなっている。

うすうす気づいている人もいると思うが、日本は年々暑くなっている。それにともなって意識の高まりを見せているのが、「ワキ汗対策」なのである。ライオンの調査(※)によると、「女子力が低いと思うことは?」の問いに対して、「むだ毛・うぶ毛の処理を忘れている」(1位)、「口臭がする」(2位)に続いて3位となったのが、「脇に汗ジミがついている」こと。

『Ban 汗ブロックロールオン プレミアムラベル』は、そんな“ワキ汗悩み層”たちの心強いサポーターとなってくれるだろう。

※2016年1月8日~1月11日、1年以内に制汗剤を使用したことのある20~30代の有職女性1098名を対象に、「女性の身だしなみ意識と汗ジミ不安」についてのWEB調査を実施。


イラストレーターの松本美緒氏とコラボレーション。花柄のファッショナブルなデザインが目を引く『Banデオドラントパウダースプレー』も同時リリース☆

ちなみに、女性にとって最も“汗ジミ”が気になるのは、グレーのTシャツを着たときだという。会場ではライオンの研究員が、タイプの異なる3種類の制汗剤を塗布したグレーの生地に、汗に見立てた水を染み込ませ、ワキ汗が服に吸収される様子を再現。『Ban 汗ブロックロールオン プレミアムラベル』だけが、生地にほとんど水が染み込まないことが確認された。

「でも、閉じ込められた汗はどうなっちゃうの?」「健康上の心配はないのだろうか…」。あまりの密着力の高さに、一抹の不安を覚えてしまった私は、その素朴な疑問を研究員の方にぶつけてみた。すると、「実はワキ汗は、汗全体の1%ほどにすぎないんですよ」「ワキから発汗できなくても、別のところから出ていきます」との回答。また、『Ban汗ブロックロールオン プレミアムラベル』の持続時間は8時間ほどで、汗にはビクともしなくても、シャワーのような大量の水では簡単に落ちるので、毛穴をふさぐ心配はないようだ。(ホッ!)

2月21日からは、ゴールドのドレスをまとった女優の沢尻エリカさんが登場する、テレビCMもスタート。見ている側も自分もテンションが下がってしまう“汗ジミ”と、今年こそ決別できるかも!


ゴールドとパールカラーをベースとしたボトルのデオドラントウォーター、『Banシャワーデオドラント&Rich』は、オトナ女子のプチ贅沢ニーズに注目したもの。

・Ban汗ブロックロールオン プレミアムラベル
・Banデオドラントパウダースプレー
・Banシャワーデオドラント&Rich
すべて医薬部外品・オープン価格・2016年2月10日発売

制汗デオドラントBan
http://www.banbanban.jp/

ボディトリートメントで全身爽快!

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE