足が疲労して回復させる時の2つのケア

EPARKリラク&エステ

2018年11月1日 更新

足の疲れはツボが集中している足裏とふくらはぎのケアで解消

足の疲れはツボが集中している足裏とふくらはぎのケアで解消

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

仕事で立っている時間や歩いている時間が長い人の中には、毎日ストレッチやマッサージが欠かせないという場合も多いはず。しかしその際、足裏のストレッチをしている人は少ないかもしれません。足裏は体全体のツボが集中しているところ。足の疲れを取るためには、この足裏がとても重要な部分となります。もうひとつ重要なのがふくらはぎのケア。足裏と同様にツボが存在します。疲労回復のために必ずケアしたい部分こそ「足裏」とそして「ふくらはぎ」なのです。

足の疲労を回復させるには。まずは「足裏のストレッチ」から

足裏には足やつま先だけでなく、体全体を痛みやケガから守る役割があります。しかし疲労回復などでケアを行う際、足裏をあまり気にしていない人は多いでしょう。

1日中歩き回ったり、踏ん張ったり。こうした毎日を送っていると、足は思った以上に疲れています。ヒールなどを履いていればなおさら、足裏の疲労はどんどん蓄積してしまうのです。


足裏には18もの筋肉と腱、さらに結合組織が重なるようになっています。そのため、足裏が硬くなると、足やふくらはぎ、アキレス腱などの痛みが起こることも。足裏のストレッチとともに、足指のストレッチも行うと、足指までリラックスさせられて効果的です。

「ふくらはぎのマッサージ&ストレッチ」も合わせて行う

ふくらはぎのストレッチも、足裏と同様にとても重要です。ふくらはぎのストレッチで大切なのが、ふくらはぎの下部をほぐすこと。特にハイヒールをよく履く女性は、ふくらはぎの筋肉が縮んでしまいがちです。このような人は痛みを感じたり、つったりすることがあるでしょう。これこそ、まさにストレッチが欠かせない状態です。

足裏には体全体のツボがありますが、ふくらはぎにもツボがたくさんあります。これらのツボを刺激すれば、ふくらはぎの痛み・疲労改善はもちろん、体そのものに良い効果をもたらします。

チェックしておきたい「足指力」

足の疲れがひどくなると、やがて痛みが出てくることでしょう。そうなったら、ぜひチェックしたいのが足指力です。
足の指の力が弱くなると、かかとの骨の部分に棘(トゲ)ができやすくなります。足の指を動かす筋肉は足底腱膜と骨との間にあり、足のアーチを支える重要な役割があるのです。この筋肉が衰えることで、足底腱膜に負担をかけてしまって骨棘が形成されてしまいます。足裏やふくらはぎとともに足指もストレッチし、足指力が弱らないようにしておいてください。

◆執筆:Megumi.K


足の疲れの改善や、足からの体ケアなど、プロの施術を受けてみることもおすすめします。(編集部)

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE