エリアからロミロミを探す

ロミロミ

ロミロミはハワイの王族たちが医療行為として古代より継承してきた、秘伝のオイルトリートメントです。「ロミ」はハワイ語で「もむ」「押す」「圧迫する」という意味を持ち、手の平や腕、肘までを使って全身の筋肉をリズミカルにほぐしてゆきます。また、施術者がお祈りをしてハワイの大自然エネルギー「マナ」を受け取り、施術を通してそれを私たちの体に注ぎ込むことで、ロミロミならではの深いヒーリング効果を味わうことができます。

ロミロミのイメージ

古代ハワイにおける儀式としての治療

ロミロミの原型は、千年以上前に移住者により持ち込まれたといわれています。古代ハワイにおいて「病気を治す」ということはひとつの儀式でした。
自然や大地に対する信仰心の厚い古代ハワイアン達は、「マナ」と呼ばれる大地のエネルギーが病気・ケガを癒してくれると信じていました。この「マナ」を操ることができるのは、「カフナ」と呼ばれる優秀な神官のみだったとされ、ロミロミは元々カフナだけにできる崇高な行為だったといわれています。カフナが祈りを捧げ、患部に触れ、もんだりハーブを煎じて飲ませたり、温めた石を乗せたりといった、30以上というさまざまな方法を駆使するケアがロミロミです。この技術は誰もが学べるものではなく、幼少期に選ばれた家族の一員にのみに継承され、家族や島・地域によってさまざまなスタイルがあったと伝えられています。

現在のロミロミの形

元々カフナという限られた一部の人にしか行えず、また受けることができるのも王族のみとされていたロミロミですが、現在ではロミロミは日本のサロンでも受けることができるようになっています。

古代ロミロミは過去、ハワイで宗教の禁止が行われた際に一度廃止され、カフナの世襲制度も途切れてしまいました。それがアンティ・マーガレット女史により、1970年代以降に甦って技術が解放され、世界中に広まりました。日本でロミロミが受けられるようになったのは実はごく最近のことなのです。

門外不出であった技術がハワイ内でも広く普及したことで、最近ではさまざまなロミロミが復活してきており、フラダンスと並ぶハワイアンスピリットのひとつとして発展。現在のハワイでは正式な民間医学として用いられています。治療的要素を含む伝統的なロミロミから、特別な訓練を受けてライセンスを取得したセラピストのみが行える「スパ・ロミ」などがハワイで広まり、ヨーロッパでは「テンプル・ロミロミ」という呼称で伝統的なロミロミが普及しはじめています。

ロミロミで心身ともにリラックス

ロミロミは、体を活性化して健康に導くのが目的。血液やリンパ、マナ(エネルギー)の流れを正し、骨を整え、筋肉をほぐすことで、体全体の健康を保ちます。
手のひら、指、肘、腕を使って強弱をつけながら深部に刺激を送りもみほぐすことで、こりや疲れを癒し、血液やリンパの流れを促進。むくみを改善させて、スッキリとした体へ。さらに自然治癒力を高めることで免疫力が向上し、病気になりにくい体を作るといわれています。

また、筋肉を柔らかくする作用があるので、体の動きがスムーズに。女性のイメージが強いロミロミですが、筋肉をほぐすことにより歩くスピードが速くなったり、立ったり座ったりするのが楽になるといった効果も期待できるので、男性や年配の人にも最適なトリートメントといえるでしょう。施術による体の気持ち良さだけではなく、心までほぐれるリラックス効果でも人気を呼んでいるロミロミ。「体の不調は精神面から」という考えに基づく古代ハワイアン伝統の癒しが、日々の仕事や家事などのストレスで疲れ切った現代人の体に深くしみ渡ります。

ログイン

EPARKポイントが貯まる!

EPARKリラク&エステのオンライン予約でもれなくEPARKポイントをプレゼント!
貯めたポイントでEPARKサービスの様々なクーポンと交換いただけます!

EPARKポイント

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。