• 明日OK
  • キャシュポ値引
  • 事前カード
  • 男女OK

本日定休日 全ての営業時間

東京都足立区関原3-3-3

最寄り駅:東武伊勢崎線 西新井駅 西口より徒歩12分

ネット予約でEPARKポイント貯まる!

空席確認・
予約にすすむ

足立カイロプラクティックのブログ

2019年12月のブログ一覧
  • 25件のブログがあります
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/30
    投稿者
    酒井正典
    • 乳製品

    • 最高の料理法はなるべく生で食べる方法となります。 種、豆、穀類の芽は栄養価を高めます。 多くのビタミンは種が新芽を出している間に作られ、同時にタンパク質も良質な形に変化します。 大切なことは自然にある食物は自然なままの姿で 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/28
    投稿者
    酒井正典
    • フルーツ類

    • 果物には野菜と同じくミネラル、ビタミンが豊富です。 果物は大変消化し易く、血液や消化器系統を綺麗にする作用があります。 季節にあった新鮮な果物を沢山食べるようにしてください。 次に食物は少なくとも75%~80%は料理しない 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/27
    投稿者
    酒井正典
    • 野菜類

    • 昨日のブログで紹介した、「種、ナッツ、穀類」の次に大切なのが「野菜類」です。 野菜にはミネラル、ビタミンが大量に含まれております。 また緑色の野菜の殆どには動物性のタンパク質よりももっと良質のタンパク質が含まれています。 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/26
    投稿者
    酒井正典
    • 種、ナッツ、穀類2

    • ひまわりの種、アーモンド、ピーナッツ、大豆、ゴマ、ソバの実、には生物学的に非常に良質のタンパク質が沢山含まれています。 しかし、このタンパク質は単独では消化しにくく、ミルクや野菜などと一緒に食べる事によって完全に消化される形になるので 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/25
    投稿者
    酒井正典
    • 種、ナッツ、穀類1

    • 種、ナッツ、穀類は、食物の中でもっとも大切で、栄養価においても非常に優れています。 これらは人間の成長、健康の維持、病気の予防において欠く事の出来ないものです。 特に胚芽には生命の秘密が隠されています。 新しい生命を作り出 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/24
    投稿者
    酒井正典
    • 日本の国土

    • もともと日本の国土にはカルシウムが少ないので、私達は意識してカルシウムを摂るようにしないと、どうしても酸性食の弊害を受けることになります。 そして、カルシウムをはじめアルカリ食を積極的に摂らない減塩一本槍の高血圧対策は、将来の日本人の 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/23
    投稿者
    酒井正典
    • 高血圧と食塩

    • 世間一般では、高血圧の原因として食塩の摂り過ぎが原因だと叫ばれています。 確かに、食塩中のナトリウムは血液中に水を引っ張り込んだり、血圧を上げるホルモンの分泌を高めるなど、いろいろ困った働きもします。 しかし、これには、二つの困 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/21
    投稿者
    酒井正典
    • 疲労と栄養

    • 疲労によって姿勢が悪くなり腰痛等をもたらすことが非常に多いです。 このような疲労の症状は、たんに末梢の筋肉や関節が疲れたという状態にあるために起こるといった簡単なものではありません。 仕事などで疲れるのではなく、疲れた末梢の状態 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/20
    投稿者
    酒井正典
    • しいたけ

    • スーパー等で販売されているしいたけは、実際問題として紫外線が殆ど当たっていないので、自分でしいたけに日光浴をさせてあげる必要があります。 これについては、しいたけに日光を1~2時間当てたところ、乾燥しいたけ1g中に40国際単位のビタミ 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/19
    投稿者
    酒井正典
    • 学校給食

    • 昨日のブログでは、「リジンの働きが大きいのです。」と書きましたが、実はそのような研究結果を実際に応用した例が昔のことですがありました。 それは、学校給食のパンにリジンを添加したことによって、生徒の発育がよくなったという事例です。 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/18
    投稿者
    酒井正典
    • タンパク質とカルシウム

    • 今日は、是非知っておいて欲しいことを紹介します。 それは、タンパク質がカルシウムの吸収に影響を及ぼすということです。 というのは、タンパク質を適量に摂っていると、カルシウムの吸収率が3倍になるといわれているからです。 厳密 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/17
    投稿者
    酒井正典
    • アルカリ食品の期待

    • 私は、これまでのブログの中で、青野菜、小魚、海藻類、こんにゃく、芋類と皆さんに食べていただきたいアルカリ食品を紹介してきました。 それぞれアルカリ食品として効用が高く、是非とも食べていただきたい物ばかりです。 しかし、せっかく摂 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/16
    投稿者
    酒井正典
    • こんにゃく

    • こんにゃくの栄養分析をしてみると、97%は水分で、タンパク質も脂質もビタミンもなく、ただマンナンという、炭水化物しかありません。 ビタミンもミネラルも、ほとんど「ゼロ」に等しいという変わった食品です。 この見事なまでのNO・カロ 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/14
    投稿者
    酒井正典
    • ミネラルと昆布

    • 私が、最も注目したいのが、人体にとって重要なミネラルを昆布は豊富に含んでいるということです。 昆布は海中に生きている植物で、常に海水に漬かっているのですから、90何種類もある海水中のミネラルが微量ながらも含まれているのです。 し 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/13
    投稿者
    酒井正典
    • 魚の栄養価

    • 小魚は牛乳よりも栄養価が高いことを皆さんはご存知だろうか。 最近の栄養学では、牛乳が最もすぐれた栄養価値の高い食品とされています。 確かに、孔牛が、これ一品(牛乳)で半年間も成長しうる優秀さを持っているのが牛乳です。 そし 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/12
    投稿者
    酒井正典
    • 山と海の青年の体格の違い2

    • 漁師さん達がとった魚のうち、大きくて形のよい魚は商品価値が高いので市場に出しますが、小型で市場に出しても売れない魚は、自分達の家で食べることになります。 ところがこの小型で商品価値のない小魚だからこそ、骨も、皮も、内臓も、全て食べられ 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/11
    投稿者
    酒井正典
    • 山と海の青年の体格の違い1

    • 山村と漁村とで、どうして青年の体格に違いがでるのだろうか。 空気の良し悪しか、日光の当たり具合か、それとも労働の違いによるものかなどが考えられますが、どれも決定的な差はありません。 ところが、いろいろ調べてみますと食事の内容に違 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/10
    投稿者
    酒井正典
    • 骨ごと食べる

    • カルシウムは骨に多く含まれているのですから、骨ごと食べることができる小魚を多く摂取する事が望ましいのですが、最近の人の魚の食べ方は、刺身等に代表されるように魚のほんの一部の栄養しか摂っていないのではないでしょうか。 昔は、普段の食卓に 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/09
    投稿者
    酒井正典
    • 大地のミネラル

    • カルシウムの少ない国土に住む日本人は、もっともっと青緑色野菜を摂らなければならないのです。 野菜のビタミンCは貯蔵中に少なくなってしまう性質があります。 ある研究報告によると、ホウレンソウを25度の室温に一昼夜置いた後、ビタミン 続きを見る
  • プライベート
    投稿日
    2019/12/07
    投稿者
    酒井正典
    • 野菜の偏食

    • もともと日本では、大根おろしという例外を除けば、野菜を生で食べる習慣はなかったそうです。 それが今日では、野菜といえば生で食べるのが一番だと考えられています。 これは明らかに欧米の食事とそれを支える栄養学の影響が関係しています。 続きを見る

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。