MAP
  • 明日OK
  • キャシュポ値引
  • 女性専用

営業時間 11:00~19:00(最終受付18:00)
全ての営業時間

群馬県高崎市倉賀野町4573-1 -2-G

最寄り駅:JR高崎線 倉賀野駅 北口より徒歩8分

ネット予約でEPARKポイント貯まる!

空席確認・
予約にすすむ

肌能力回復フェイシャルスタイリストサロン高崎店のブログ

日焼け止めの選び方~SPFはいくつを選ぶ?~

こんにちは(*^-^*)

皆さんは日焼け止めを選ぶ際は何を基準にアイテムを選びますか?

よく、SPF50のものを選びます!というお声を耳にします。

SPF50と書かれていると

何だか紫外線をカットして、そこまで日焼けせずにすみそう‼

と感じますよね?

そもそもSPFって何だろう?と思う方もいるのではないでしょうか?

SPFというのは…

紫外線の種類、UVB(中波長紫外線)による日焼け現象を

どの程度遅らせる事が出来るかを測定した値になります。

図

UVB(サンバーン)とは日光皮膚炎とも言われ、

症状としては

発熱、腫れや痛み、発赤、ひどい場合は腫れあがり水疱ができる事もあります。

日焼けした際に赤くヒリヒリした症状はUVBによるものです。

SPF値の数字は

UVBによる日焼けの防止効果を表す数値で、数値が上がればUVカット力は高くなります。

SPF1に対して約20分と言われている為、

SPF50のもので計算すると

20分×FPF50=1000

1000÷60分=16時間

約16時間赤くならないという計算になります!

しかし、16時間は半日以上の時間。

16時間も外で直接陽を浴びる事は中々考えにくいですよね‼

そして数値が高ければその分、肌への負担もかかってしまうのです?

単純に16時間メイクをしたままの肌のコンディションをイメージしてみて下さい。

乾燥を感じたり、脂っぽくなったり、くすんだり…

そんな事がイメージできませんか?

長時間肌に塗りっぱなしという事は肌を痛めつけてしまう原因となります‼

そこで、

普段の生活であればSPF20あれば十分とされています。

長時間の外出や、レジャーシーズンは

SPFが高すぎるものよりも20ぐらいのものを

こまめに塗り直す方が実は肌への負担は少ないのでオススメです(*´▽`*)

是非、このワンポイントアドバイスを参考に

今のこのシーズン、紫外線対策をおこなって

ダメージの受けにくい肌にして下さいね❤

おすすめコース

【ご新規様限定】夏の紫外線対策3回体験プログラム

フェイシャルスタイリストサロン高崎店のスタッフ 堤若菜

堤若菜 ツツミワカナ

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。