EPARKリラク&エステ正規掲載店
全額返金・最低価格保証
  • 明日OK
  • キャシュポ値引

営業時間 09:00~21:00

愛知県名古屋市天白区元植田1-905 栄m.a.1F

最寄り駅:名古屋市営地下鉄鶴舞線 植田駅 市営バス植田循環左回り「植田中央公園」バス停下車徒歩2分

サロン・ド・ベリルのブログ

お風呂~ゆっくりor発汗で自律神経効果のちがい

こんにちは!


寒くなってきたので、お風呂に浸かりはじめた方も増えたと思います。

お風呂の入り方で、身体への影響も変わってきます(^-^)

どのように入られますか?

私は

銭湯や温泉に行くと、ゆっくり、出たり、入ったり、肩を出して長く浸かったりと、ゆっくりします。

家では、ほぼ朝、高めの温度で肩まで浸かり、大量の汗をかくまで入ります。
(あまり身体には良くないですが^^;)


お風呂で自律神経をコントロールすることができます(^-^)

さて、自律神経とは?

人の体には自律神経という神経があります。

この神経は作用が相反する交感神経、副交感神経の2つの神経で成り立っており、普段はこの2つの神経がちょうどシーソーのようにバランスを取って人の健康を維持しています。例えば、いわゆる「自律神経失調症」はこの神経のバランスが崩れた状態です。

最近、この自律神経のコントロールは健康法としても、注目を浴びていますね。

交感神経は心身をこれから狩猟にでも行くような興奮状態に、副交感神経は休憩・リラックス状態にする神経です。

実はお湯の温度によって体のこの2つの神経の反応が変わってきます。

42度以上の熱いお湯に入りますと交感神経が高ぶります。興奮状態になるため、血圧は上がり、脈は早まり、汗をかき、筋肉は硬直します。

また、逆に胃腸の動きは止まってしまいます。

一方、40度程度のぬる湯につかると、副交感神経が刺激されて心身がリラックスし、血圧は下がり、脈はゆっくり、汗もかかず、筋肉もゆるみます。

胃腸は活発に動き、消化がよくなります。一概にお風呂の効果と言っても、わずかなお湯の温度の違いによって体の反応は正反対に動きます。

このような効果の違いがわかると、ぬる湯は心臓など身体への負担が少なく、夜寝る前にゆっくりつかることでリラックスできてよい眠りにつながることがわかります。

逆に朝の仕事前には、熱めのお風呂やシャワーをさっと浴びる、というのは身も心もシャキッとして理にかなっています。

このように温度によって体の反応が変わるため、場面に応じて使い分けることが良いですね。


是非、やってみて下さい(^-^)

しかし、これから寒くなるので、血液の関係の病気の方、心臓、脳血管系が弱い方は、温度差で身体に負担がかかるので、気を付けてくださいねー(^-^)




今週末は、御用達『名東温泉はしょうぶ』に行こう♬

お風呂
ベリルのスタッフ 兼子 恵理

オーナーセラピスト

兼子 恵理 カネコ エリ

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。