MAP
  • 今日OK
  • 明日OK
  • キャシュポ値引
  • 事前カード
  • 男女OK

営業時間 10:00~21:00(最終受付21:00)
全ての営業時間

大阪府大阪市北区豊崎3-10-2 アイアンドエフ梅田(I&F梅田) 10階 1003号室

最寄り駅:阪急神戸本線 大阪梅田駅 茶屋町口より徒歩5分

ネット予約でEPARKポイント貯まる!

空席確認・
予約にすすむ

歯のホワイトニングサロン 堂々のブログ

介護脱毛【2】介護する側の負担しっていますか?



こんにちは!
清水咲帆です(^^)


前回の記事で、介護される側の増加、介護する側の人材不足、さらにする側の負担についてお話させていただきました!
介護する側は、多くの人が大人も赤ちゃんみたいにアンダーヘアの毛がなかったらどれほど介護するのに助かるか・・・


では、いざ自分が介護される立場となったとき、周りに苦労をかけないために介護者になる側にもできることはあります。
それが「介護脱毛」です!


介護者にとっても、アンダーヘアが長いと、排泄時に不衛生、さらに様々な肌トラブルを招く可能性があるので最後されるようになるまでにアンダーヘアを脱毛して介護に備えておくことが重要です。
このような、介護に備えて脱毛しておくことを「介護脱毛」といいます。


実際に近年では少しずつ、介護を受ける前のエチケットとして、介護脱毛は普及して来ています。


介護脱毛は、介護される人する人、両方にとってメリットしかありません。
ですが一つだけ脱毛をする際に気をつけておくべきことがあります。

それは、「白髪」です。


脱毛は基本的に白髪になってしまっては、効果がみられなくなります。
「介護脱毛」という言葉から、介護されるようになってから始めればいいやとおもっていては、手遅れになってしまいます。


脱毛とは、毛の黒色(メラニン色素)に脱毛機の光が反応することで脱毛することができます。白髪になってしまってはこの光が反応することができなくなってしまいます。なので、いざ脱毛したいと思っても遅いんです。


なので「介護脱毛」は介護が必要になる前の40〜50代のうちから行う必要があります。今はまだ20代や30代の方も自分の将来の介護の必要性を考えて、アンダーヘア脱毛の計画を立てておくことをおすすめします!

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。