EPARKリラク&エステ正規掲載店
全額返金・最低価格保証
  • 明日OK
  • キャシュポ値引

営業時間 09:00~22:00(最終受付18:00)
全ての営業時間

愛知県一宮市小信中島字北東山34-2

最寄り駅:名鉄尾西線 奥町駅 出口より車で4分

絆リラクゼーションスタジオのブログ

自分の体を守るために

「ずっと元気に動き回れるカラダでいたい」。多くの方が望む願いではないでしょうか。でも、筋力が衰えるとケガが増え、70代で歩けなくなるかもしれない。そうならないために、どうすれば良いか。

年齢を重ねてもケガをしないカラダづくりの秘訣(ひけつ)は、プロスポーツ選手のメンテナンス方法にあるようです。今のカラダの状態をより良くするためのプロセスについてお話したいと思います。


40代以上の方々に悩みが多い症状は何だと思いますか?

慢性的な肩こり、腰痛が一般的です。それらは大概、姿勢や動作不良によって起きると考えられます。骨盤は腹部や背中、お尻・太ももの筋肉が付着する場所になります。これらの筋肉のバランスが崩れることで骨盤が前へ傾いたり後ろに傾いたりして腰痛に繋がってしまいます。肩痛はデスクワークの方に多いです。特にパソコンを操作する場合、首を前へ突きだして画面を見る方が多いですので、その姿勢は首と肩の痛みが起きやすい姿勢になります。

一度痛み出すと後々回復するのに相当な時間を要します。マッサージや骨盤調整等のメンテナンスの他にもご自身でのストレッチを定期的にすることをオススメします。「時間が作れない」「忙しいから明日やろう」と思っていると結局は先伸ばしになる可能性があります。痛みが出してから後悔する前に定期的なメンテナンスをかけてください。体が安定すれば心も安定します。また筋力運動もストレッチ同様、怪我をしないために欠かせない運動になります。今は痛みがなくても、今後痛みを引き起こさないための予防をすること、が何よりも大事です。

再発予防するにはどのようなアプローチが必要だと思いますか?

まずは痛みを起こしてしまった根本原因を知るための体の現状把握が必要です。パフォーマンスピラミッドと呼ばれるものがあります。ピラミッド型を三層に分け、最上層が“スキル”、真ん中は“パフォーマンス”、最も土台となる底辺は “ムーブメント”。スポーツ選手で例えると、最上層はシュートやドリブルといったテクニックです。真ん中は、そのスキルを発揮するためにダッシュをしたり、ジャンプをしたり、相手の動きに反応したり、筋力やパワー、スピードなどの、いわゆる筋トレで養われるもの。筋トレをやっていればスポーツのパフォーマンスが上がると思われがちですが、それだけでは不十分。最も大事なのは底辺にあるムーブメントです。

人の体には多くの関節が存在しますが、大きく分けると2種類。「動きに適した関節」と「動きに適さない(安定に働く)関節」です。それぞれの関節が正常に働き、全身運動をする際に正しく動かせるかがとても重要です。スポーツ選手が、猫背のままひとまわり体格を良くしたとしてもパフォーマンスが向上するわけではないことは、想像できますよね。それは一般の方も同様なのです。

例えば、現代病のひとつの肩こり。パソコンや携帯を見ることが多いので頭の位置が前に出る。ボウリングの球ほど重い頭を首の後ろの筋肉が支えるため、過剰に筋肉が働き、それによって肩こりが起こります。このいわゆる猫背が肩こりの原因です。さらに、猫背は肩が動く範囲(可動域)に制限を生みます。猫背のまま自分の頭より上にある物を取ろうとすると腕が十分に上がらないため、腰を反って物を取るという動作不良を引き起こし、腰痛になるケースもあります。

ですから、痛みの再発予防にせよ、今は痛みがないにせよ、今の自分の体の現状を知ることが全ての始まりなのです。その上で、見つかった自分の体のクセや問題点を改善するための「コンディショニング」に取り組めば、効果的に体が使えるようになり、痛みの改善、より快適な日常生活につながっていきます。

――プロスポーツ選手に習う予防法は?

一般の人たちに必要な予防法は、自らのクセを知ること、正しい動作を心がけること、この2点です。片側スポーツのプロスポーツ選手だけでなく、日常生活で間違った動作を繰り返すうちに、姿勢不良や動作のクセが生じてしまいます。長年のクセを取り除くのは時間がかかることかもしれませんが、必ず改善するものです。

私の経験上、殆どの人が正しい動作、姿勢ができていない方が多いです。ただし、自分の問題点を改善するためのコンディショニングを継続的に行うことにより、バランスが改善され結果的に痛みを改善するということに繋がります。何歳になっても体は良くなります。是非、今のご自身を知って健康年齢の維持を図ってください」

サロンブログの
読者になる
投稿者
絆リラクゼーションスタジオのスタッフ 柳鶴健志

柳鶴健志

ヤナギツルタケシ

・お客様の気持ちに寄り添った施術を心がけています。 ・お悩みや愚痴なども、お話ください。スッキリしていただければ幸いです。

スタッフブログの
読者になる
サロンの最新記事
記事カテゴリ
スタッフ
過去の記事
絆リラクゼーションスタジオのスタッフ 柳鶴健志

オーナー

柳鶴健志 ヤナギツルタケシ

【奥町駅のサロンをジャンル別で探す】
【近隣駅のマッサージサロンを探す】

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。