MAP
  • 明日OK
  • 女性専用

営業時間 11:00~21:30(最終受付19:00)
全ての営業時間

神奈川県川崎市高津区溝口2-11-8 リバーストーン第3ビル5F

最寄り駅:東急田園都市線 溝の口駅 東口より徒歩4分

ネット予約でEPARKポイント貯まる!

空席確認・
予約にすすむ

スリムビューティハウス 溝の口店のブログ

夏の紫外線

夏の紫外線
こんにちは!
スリムビューティハウス池袋総本店です(^^)



夕方の紫外線量は…実は、日焼け止めが必要なほど降り注いでいる、って事実、ご存知でしたか?


夏の紫外線_20200710_1
冬も油断はできませんが、特に夏…。晴れの日もそうですが、曇りでも…。

日中出かける時は、スキンケアの流れで日焼け止めを塗っても、夕方から出かける時…夕方だから日焼け対策なしで出かけてませんか…?

夕方の紫外線…意外にシミを作ったり、肌老化を進めている原因かもしれませんよ…?

1日の中で紫外線のピークは、午前10時~午後2時の間とされています。

では午後2時以降からは紫外線を気にしなくてもいいのか…というと、それはNO!

確かにピークの時間帯を過ぎれば紫外線量は徐々に減っていきますが、いきなりゼロになるわけではありません。

ゼロでない以上、たとえわずかな紫外線でも、肌への影響はあるんです。

特に7月や8月などの真夏の場合・・・
15時頃の紫外線量…ピーク時間帯(10~14時)の約半分の量
16時の紫外線…ピーク時間帯の約3分の1
もの量が降り注いでいるんです。


そして・・・

■「真夏の15時」の紫外線量=「冬の正午」と同じくらい

■「真夏の16時」の紫外線量=「冬の14時」と同じくらい

紫外線の強さと言われています。

つまり「夏の夕方の紫外線=冬の昼間の紫外線」というわけです。



そう、「夕方だから紫外線を気にしなくても大丈夫♪」というのは大間違い!

真昼より弱いけど…決して「ゼロ」ではない。

夕方の日差しでも、肌に影響を与えるほどの紫外線量が十分降り注ぐ…ということを忘れないようにしましょう!

おすすめコース

【初回限定】加齢による大人ダイエット

スリムビューティハウス 溝の口店のスタッフ スリム溝の口店

スリム溝の口店 スリムミゾノクチテン

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。