満足いただけなかったら全額返金宣言!
最低価格保証制度
エリア特集 池袋

1日の乗降客、約270万人!新宿・渋谷と並ぶ国内屈指の巨大ターミナル駅・池袋駅を中心に、グルメ・芸術・カルチャー・娯楽の発信基地として熱い視線を集めている「池袋エリア」。大型ショッピング施設やサンシャイン60で知られる商業街としての顏をもつ東側に対し、東京芸術劇場、立教大学、旧江戸川乱歩邸などを擁する西側は、文化・芸術の匂いが。東西で異なる表情を見せる街としても知られています。そんな池袋エリアは、マッサージ・リラクゼーションサロンの宝庫でもあるってご存知ですか? アロマ・ロミロミ・タイ古式・コルギ・整体・鍼灸……。エネルギッシュな街を満喫した後は、上質のサロンで深い癒しに身を委ねてみてはいかがでしょう。

池袋通への道
  1. 池袋(いけぶくろ)とは、東京都豊島区の地名である。
  2. JR池袋駅を中心に発展。豊島区の中心地域であり、都内有数の繁華街。いわゆる副都心のひとつ。
  3. 1日に約100万の集客人員がある。
  4. 1日平均270万人の乗降客が利用し、新宿・渋谷同様、日本および世界でも3本指に入る巨大ターミナル駅。
  5. 池袋駅はJR山手線、埼京線、湘南新宿ライン、東京メトロ丸ノ内線、有楽町線、副都心線に加えて東武東上線、西武池袋線と8路線が乗り入れ。新宿・渋谷・横浜へも直結。銀座や東京、原宿などの都心主要スポットにも乗り換えなしでアクセスできる。
  6. 埼玉県の川口・浦和・大宮・川越からのアクセスが良く、休日の池袋は埼玉県民が多く押し寄せている。
  7. 池袋は、古くは武蔵国豊嶋郡池袋村といい、中世にはすでに確立していたといわれる。長らく農村だったが、明治36年の鉄道の開業と共に栄えた。
  8. かつては湧水や池が多数点在する袋状の低湿地であり、池袋の地名はそこから起こったといわれている。近代化とともに多くの池が姿を消し、最後まで池跡をとどめていたのが「丸池」で、別名「袋池」とも呼ばれていた。この池も現在はなくなり、元池袋史跡公園に「池袋ゆかりの池」という碑が残されるばかりになっている。
  9. 池袋氷川神社は、地域の人の信仰が厚い、池袋の守り神。池袋村の鎮守であり、貝塚が発見された。豊島区での発見はここだけで、このあたりが区内最古の人の住んだエリアといわれている。
  10. 戦前はアトリエつきの貸家が建ち並び、全盛期には1000人以上の若い芸術家が暮らしていた。
  11. アトリエや池袋西口周辺の喫茶店などで芸術論を戦わせ、パリの芸術家たちの拠点になぞらえて「池袋モンパルナス」と呼ばれていた。豊島区立郷土資料館でアトリエ村が再現されたジオラマを見ることができる。
  12. 戦後は闇市の本場だった事もあり、比較的暗いイメージを長らくまとっていたが、近年、乙女ロードなどにより女性利用者が急増しファッションスポットも増加。
  13. 文化事業や街の美化に取り組んだ結果、2014年の住みたい街ランキング3位になる程の人気スポットに変わりつつある。
  14. 豊島区の地図は良く見るとふくろうが羽ばたく形に似ている。
  15. 豊島区とふくろうの結びつきは、いけふくろうに始まる。もともとは地名とのごろ合わせだったが、区内には多くのふくろうが生息しており、田畑を害獣から守ってくれる益鳥であるということで、まちのシンボルとして定着した。
  16. 「いけふくろう」は、池袋駅の東口出口付近にあるふくろうの石像。「渋谷のハチ公に対して、池袋にも待ち合わせのメッカを」ということで、"いけぶくろ"と"ふくろう"を掛け合わせて考え出されたものである。1987年(昭和62年)JR発足時に待ち合わせの目印として設置。2006年には3羽の子ふくろうが加わった。
  17. 「梟の樹を創る会」により、街のあちこちにふくろう像を設置する活動があり、すでに30号も設置されている。会は48体の設置を目標に活動しており、ふくろうめぐりの散策コースも人気である。
  18. 池袋駅東口交番はふくろうの形をしていることで人気だが、東池袋交番もリニューアルし、ふくろうデザインの交番は2棟になった。
  19. 中池袋公園には乙女の守護神「白いふくろう像」がある。公園前にはふくろうモチーフのかわいいポストがある。
  20. 西池袋に、餌付けやフライト体験など、ふくろうと触れ合える「アウルパーク」がある。7種8羽のふくろう在籍。ビルエントランス入口に「ふくろう神社」が設けられている。
  21. 手のひらサイズから大型まで30羽以上のふくろうと触れ合えるねこカフェならぬふくろうカフェ、「いけふくろうカフェ」もある。
  22. 池袋には、日本で唯一「鉄道」という名がつく「昭和鉄道高校」という鉄道科を持つ高校がある。
  23. 池袋前公園の桜は、ソメイヨシノ発祥の地豊島区が誇るお花見の名所である。
  24. 「健康プラザとしま」は高層ビルとスカイツリーの展望が見事な穴場スポットである。
  25. 池袋には30以上の商店街がある。区内の多くの店が加盟する地元で利用できる大変便利な区内共通商品券がある。
  26. 手塚治虫・藤子不二雄・石ノ森章太郎・赤塚不二夫等、偉大な漫画家達が青春時代を過ごした豊島区。中央図書館には「トキワ荘」コーナーのほか、マンガの名作が揃っている。中央図書館は一日3500人近く来館者がある。
  27. 池袋のイメージキャラクターはブクロのジョニー。キャラクターの本名は「ジョニー・スカイ・ウォーカー」。身長196センチ、体重96キログラムで、言葉の語尾に時々「ホ」を付けるのが特徴。
  28. 西武池袋本店には、「イケセイヒーロープロジェクト」で子供たちに選ばれたヒーロー「イケセイアウル」がおもちゃ売り場に定期的に登場する。
  29. 2015年に開設した豊島区の新庁舎は、日本初のマンション一体型。年末年始をのぞく土日開庁。屋上庭園にはかつての豊島区の自然を再現した「豊島の森」がある。
  30. 約1万4000点の多彩な置物や彫刻を飾る「新庁舎まるごとミュージアム」には池袋のシンボル「ふくろう」の日本最大規模のコレクションがある。
  31. 豊島清掃工場は、新宿や池袋など、都内トップの繁華街のゴミを燃やしている。煙突は210mもあり、清掃工場の中では日本一の高さ。煙突の中には螺旋階段がある。
  32. 一日約350~400台のゴミ収集車が来場し、約450~500トンのごみを処理。余熱は豊島区立健康プラザの温水プールなどに利用している。
  33. 池袋東西をまたぐびっくりガードには、池袋・雑司ヶ谷界隈の歴史あふれる「雑司ヶ谷いろはかるた」の壁画がある。
  34. びっくりガードの名前の由来は諸説あるが、昔のガードは天井が低く、頭上を通る列車の轟音と震動で人も荷馬車の馬もビックリ仰天したという説が有力である。
  35. 新旧文化が融合する街で、文化的散策スポットが多数ある。アートもグルメも娯楽も”何でもあり”な池袋。
  36. 街の様相は東西で大きく異なる。東側は大型ショッピング施設やサンシャイン60などの商業街。 西側は東京芸術劇場・立教大学や江戸川乱歩の居宅といった芸術文化中心。
  37. 北口は歓楽街が広がり、多くの飲食店やキャバクラ、風俗店などが立ち並び、新宿歌舞伎町に似た雰囲気をかもし出している。
  38. 自由学園の明日館は、世界の三大建築家フランク・ロイド・ライトの設計により建てられた。国指定重要文化財。宇治の平等院の阿弥陀堂にヒントを得たといわれている。雑誌『婦人之友』の創刊者が設立。
  39. 明日館は、雰囲気が非常によく、結婚式場や撮影場所としても大人気で多目的に利用できる。公開講座もあり。
  40. 立教大学は西池袋に本部を置くミッション系私立大学。1874年に開校。東京六大学のひとつ。映画やドラマのロケーション撮影にも良く利用される。クリスマスシーズンのイルミネーションが有名である。
  41. 立教大学6号館北側に『怪人二十面相』などで知られ、商店街の名称にもなっている江戸川乱歩の邸宅がある。
  42. 野田秀樹氏が芸術監督を務めていることでも話題の東京芸術劇場。ガルニエ社製作の世界最大級のパイプオルガンがある。大ホールの座席は1999席で、足りない1席は音楽の女神である「ミューズ」のために取ってある。
  43. 池袋西口公園は、石田衣良の小説池袋ウエストゲートパークで有名になった。公園の中央には噴水があり、夜はライトアップされている。オブジェがたくさん配置され、芸術館前公園にふさわしい雰囲気を作り出している。
  44. 池袋には数多くのミュージアムがあるわけではないが、「古代オリエント博物館」「ふくろう・みみずく資料館」「ミステリー文学資料館」「造幣東京博物館」など知的好奇心を満たしてくれるマニアックなものがそろっている。
  45. 雑司ヶ谷霊園には、泉鏡花・竹久夢二・小泉八雲・永井荷風・ジョン万次郎・金田一京助・東條英機らが眠る。夏目漱石『こころ』にも登場し、作者本人もここに眠っている。
  46. 鬼子母神堂は、江戸時代から安産祈願・子育ての神社として親しまれている。境内の樹齢600年を超える大イチョウや参道の樹齢400年を超えるケヤキ並木は都の天然記念物。散歩の名所で「新東京百景」のひとつ。
  47. 鬼子母神に由来する郷土玩具として、古くからすすきみみずくが伝わっているが、この玩具と池袋駅の待ち合わせのシンボルである「いけふくろう」との関連性はない。
  48. 演劇の街、池袋。東京芸術劇場・サンシャイン劇場・あうるすぽっと・シアターグリーンなど大小さまざまな劇場が集まり、東京のブロードウェイとも呼ばれる。日本最大の舞台芸術のフェスティバル/トーキョーや池袋演劇祭が開催されるなど、地域を巻き込んで文化芸術を発信している。
  49. シアターグリーンは、渋谷ジァン・ジァン・自由劇場・下北沢の本多劇場と並ぶ歴史のある劇場で、若手劇団の登竜門になっている。大中小3ホールからなり演劇祭も開催される。
  50. サンシャイン劇場は、中規模ながら日本で唯一の舞台転換に使う廻り舞台が2基備え付けられており、高度な演出ができる。
  51. 落語家・漫才師の話芸を目の前で堪能できる池袋演芸場は都内でも5軒しかない数少ない寄席定席のひとつ。その中でも池袋が最も狭いので高座との距離が近く、至近距離で楽しめる。座席はすべてゆったりとした椅子席。
  52. 名画を数多く上映することで根強いファンが多い文芸坐は1990年代末に一旦閉館したが、新文芸坐として復館した。
  53. 「ふくろ祭り」は毎年9月、10月に開催。前半はダンスショーやバンド演奏、和太鼓演奏、神輿の祭典、後半はかっぽれや佐渡おけさ、池袋やっさ踊りなどの「踊りの祭典」。しめくくりに「東京よさこいコンテスト」が行われる。
  54. 「東京フラフェスタin池袋」は全国から3000名以上が出場する真夏の一大イベント。本場ハワイの後援も得ている。
  1. 東に西武鉄道&西武百貨店があり、西に東武鉄道&東武百貨店がある迷路のような池袋駅。「不思議な不思議な池袋~ 東が西武で、西東武~♪」という、ビックカメラの宣伝ソングが有名。
  2. 東武百貨店 池袋本店は、売り場面積都内最大の百貨店。隣接するルミネ池袋と合わせれば、国内最大規模の商業施設である。
  3. 池袋西武の屋上は、モネの絵画を模した空中庭園になっている。「食と緑の空中庭園」と名付けられている通り、レストランで食事を楽しみながら緑を堪能できる。夜のライトアップも美しい。漫画『孤独のグルメ』に取り上げられたうどん屋が有名。
  4. 東口には、屋上にはフットサル専用コートがあり、ヤマダ電機としては最大規模の売り場を誇るLABI池袋店と、全国で唯一の都心型アウトレット専門店「ビックカメラ アウトレット」などを中心に大型店舗や有名店がひしめき合っており、池袋電気街を作っている。
  5. 池袋は知る人ぞ知る、一大書店街。全国に支店を持つ大型書店が駅前に集結している。神田に負けぬ「本屋の街」の顔をもつ。サンシャイン60には都心最大級のBOOKOFFがある。古書店も多く、神田神保町に次ぐ書店激戦区となっており、屈指の書店激戦区である。
  6. 新時代のユニークな書店として話題の天狼院書店(てんろういんしょてん)。こたつでのんびり読書したり、フォト部・映画部・落語部などプロの講師を招いて行う部活動に参加できる。
  7. 本屋の聖地、池袋にオープンした”泊まれる本屋”をコンセプトにしたホステルBOOK AND BED TOKYO(ブックアンドベッドトウキョウ)。本棚と一体となったベッドスペースが特徴で、1700冊の書籍が揃う。かつて、芳林堂だった場所にある。
  8. 池袋東口方面には、「サンシャイン60通り」「サンシャイン通り」「サンシャイン中央通り」と、似た通りの名前が3つある。サンシャイン60通りは「60階通り」といわれることもある。
  9. サンシャインシティは東京都豊島区東池袋にある複合商業施設。1978年4月にサンシャイン60が竣工。10月にグランドオープン。運営している株式会社サンシャインシティは三菱地所が発行株式の過半数を保有する連結子会社。
  10. かつて「巣鴨プリズン」と呼ばれ、A級戦犯らが処刑されたことでも知られる東京拘置所の跡地に建設されたため、深夜に処刑された戦犯の幽霊がでるという噂が存在する。
  11. ショッピングセンターやオフィス、ホテル、住宅だけでなく、水族館、遊園地(ナムコナンジャタウン)、プラネタリウム、博物館などの施設もそろっている。
  12. 住居エリアは、賃貸なら6~7万くらいの家賃で住める部屋がある。
  13. 同人誌即売会、サンシャインクリエイションの会場としても知られており、その他アニメ関連イベントの会場としてもよく使われる。
  14. サンシャイン60は東京都豊島区東池袋にあるサンシャインシティの中核を担う超高層ビルである。 地上高239.7メートルで完成当時はアジアで最も高いビルであった。
  15. サンシャイン60のアルパ屋上の片隅には、国歌「君が代」でおなじみの「さざれ石」が設置されている。
  16. サンシャイン水族館は、日本で初めての屋上水族館。「天空のオアシス」をコンセプトとした非日常空間で、アシカが泳ぐ姿を真下から観察できるドーナツ型水槽「サンシャインアクアリング」は日本で初めての展示法。日本初のクラゲトンネルは高さ2m10cm。360度どの方向からも見られるアシカのパフォーマンスなどが好評。
  17. サンシャイン水族館の海水は、直線距離で300Kmも離れている伊豆諸島の八丈島近海から運ばれている。
  18. サンシャイン水族館にはかつて脱走して注目されたアリクイのタエちゃんがいる。アリクイは引き戸などが問題なくあけられる器用な動物。脱走を機に、扉がドアノブタイプに変更になった。
  19. コニカミノルタプラネタリウム 満天は、プラネタリウム機器メーカーの直営館で、地球から137億光年という宇宙空間を3Dで表現し、土星の輪をくぐるバーチャル体験など臨場感あふれる宇宙旅行が体感できる最新鋭のシステムを搭載。驚くほどリアルな星空とCG映像、音楽、香りまで組み合わせた本格派で、大人のための新感覚プラネタリウムとして迫力のある映像や癒し系の映像など、1日に複数の作品を上映している。
  20. サンシャインシティにあるJ-WORLD TOKYOは「ジャンプ」の作品を詰め込んだ世界初の屋内型テーマパーク。ジャンプの世界観を体験できる新アトラクションも続々登場している。
  21. ナンジャタウンは、遊びから食まで一度に楽しめる日本最大級の屋内型テーマパーク。明るい西洋風の街並み「ドッキンガム広場」、昭和30年代の懐かしい街並み「福袋七丁目商店街」、もののけたちに乗っ取られた街「もののけ番外地」の3つの街で構成され、3つのフードテーマパークと14のアトラクションがある。
  22. ナンジャタウンにある人気フードテーマパークナンジャ餃子スタジアムには11軒の餃子専門店が集結。ここでしか体験できない「全国たれ比べ餃子」がある。
  23. サンシャインシティ文化会館にある古代オリエント博物館は、1978年に日本で初めて古代オリエントをテーマとした博物館として誕生した。約4500点もの数千年前の出土品を間近で鑑賞できる。
  24. 古代オリエント博物館のミュージアムショップでは、「象形文字」が書ける珍しい「ヒエログリフ定規」を販売している。
  25. 昭和の横丁「美久仁小路」(みくにこうじ)は、戦後の闇市から始まった4つの名物飲食店街のひとつ。青江美奈のヒット曲『池袋の夜』の歌詞に登場する。サンシャインをバックに今でも昭和な雰囲気が残り、時が止まったかのような酒場は、お父さんの聖地(サンクチュアリ)である。
  26. 池袋は、秋葉原・中野ブロードウェイと並ぶ「マンガ・アニメ」ファンのメッカ。他の地に比べ、女性客が多い。「男の秋葉原・女の池袋」ともいわれる。
  27. 通称「乙女ロード」は、サンシャイン60の西側の通りでサンシャイン前交差点から春日通り交差点までの約200m。女性を対象としたアニメグッズや同人誌などの「乙女系」を扱う店舗が集まっている。
  28. 「乙女ロード」は2004年頃命名。「腐女子の聖地」とも呼ばれ、乙女の街で”萌え”を体験できる。
  29. ロサ会館は、1968年に映画館としてオープン。現在は映画館のほかに、飲食店、ネイルサロン、ボウリング場、スポーツ施設、ゲームセンターなど、さまざまな店舗が雑居した老舗アミューズメントセンターである。
  30. 浜松町から池袋に”メガシンカ”して移転した「ポケモンセンターメガトウキョー」。ショッピングだけでなくイベント満載で楽しめるスポット。親子で楽しめるポケモンカードゲームや、プレゼントがもらえるお誕生日イベントが盛況である。
  31. 池袋ギーゴはセガ直営・国内最大級のゲームセンター。最新のゲームが体験できるほか、女性専用フロアにある最新のプリクラは驚くほど秀逸な仕上がりである。
  32. 「リアル密室脱出ゲーム絶対空間」は、激ムズな脱出ゲームに挑戦できるアミューズメント施設。難易度はかなり高いが、ストーリーが設定されているのでゲームの主人公になった気分で楽しめる。面白さ抜群、クリア時は感動もの。
  33. ”ラーメン激戦区”、”B級グルメの聖地”とも言われるが、極上の名店や、さまざまな国の料理まで食通をうならせるグルメ天国である。
  34. 120軒以上のラーメン店が集まるラーメン激戦地池袋。1961年につけ麺の発祥といわれる東池袋大勝軒がオープン。これを草創期として、ラーメン店のオープンラッシュが続いた。
  35. 池袋は、そこかしこで「食べ放題」の看板をかかげるランチバイキングの激戦区でもある。ルミネ9Fのレストランフロアはすべてがバイキング・ブッフェ・食べ放題関連のお店が並ぶ。
  36. 東武百貨店 池袋店には日本全国のご当地レトルトカレーを取り揃えた専門コーナーがある。通年180種類取り扱うという充実のラインナップ。
  37. ペンギンのいるBARは、4羽のペンギンが暮らし、19時前後にはエサやり体験もできる。ペンギンと飲めるお店は東京では池袋だけである。
  38. ななめ上すぎるニコ動カフェ「nicocafe」には、席にカメラが配置されていてニコニコ生放送ができる生放送バーカウンターがある。生放送中には、視聴者が生放送中の放送者にネットで差し入れができる「あちらのお客様から」システムがある。
  39. 池袋駅北口改札前にある「ランチパックSHOP 池袋店」は、山崎製パンの『ランチパック』専門店。定番商品から普段なかなか手に入りにくいご当地シリーズまで充実の品揃い。ランチパックをトーストしてもらえるサービスがある。
  40. 池袋の老舗洋菓子店「タカセ」。懐かしさを覚える昭和テイストの店内。あんぱんは大正9年の創業当時から変わらぬ味を堪能できる。
  41. 池袋北口周辺には、「新華僑」と呼ばれる人たちが経営するお店が約200軒あり、「池袋チャイナタウン」を形成。24時間営業の「陽光城」がランドマーク。
  42. 中国語が飛び交い、ディープでリアルな日常が味わえる。観光地化されておらず、出てくる料理も日本人好みにアレンジされたものとは根本的に違う本場の味。
  43. 都会の喧騒を忘れさせてくれる上質な癒しのリラクゼーションサロンが多数ある。
  44. 格安サロンはもちろん、アロマ・ロミロミ・タイ古式をはじめ、竹や白樺の木を使用する世界でも珍しい施術を行うサロンなど、ありとあらゆるサロンが揃う。朝まで過ごせるSPAも充実。
  45. タイムズ・スパ・レスタは、駐車場で有名な「タイムズ24」が経営するスパ施設。庭園を臨む「屋外ジャグジー」は、池袋のど真ん中というシチュエーションを忘れさせてくれる空間。
  46. サンシャイン水族館では「サンシャインラグーン」を眺めながらヨガレッスンが受けられる。

(2016年1月26日更新)

【出典一覧】
池袋Walker(KADOKAWA)、東京人 2012年11月増刊号(都市出版)、I LOVE 池袋(ぴあ)、池袋本(枻出版社)、ぐるっと豊島(豊島区観光協会)、豊島区史跡散歩(学生社)、探す!わがまちの魅力(ぎょうせい)、他、関連サイト


電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。