医師・専門家による連載コラム からだのとりせつ。 気になる不調や悩みのリセット法、からだのプロが教えます!

鼻垂らしてたらエエよ

70歳の安達さんは元気な女性だ。
アレルギー体質だけが悩みだった。
アレルギー性鼻炎と、慢性蕁麻疹だ。
大人はアレルギーで死ぬことは滅多にない。
「適当につき合うこと」を治療目標にした。
治療目標は完全に達成できた。

ひどいアトピーだった35歳の岡田君。
アトピーのせいで辛いイジメも経験した。
本人によると「暗黒の学生時代」を送っていたそうだ。
つき合いは10年になる。
岡田君は結婚もした。介護士として働き、管理職まで登りつめた。
アトピーはほぼ完治したと言えるレベルだ。

安達さんと岡田君はどうやって良くなったのか?
二人にとって「意外」と思われる助言をした。

冬のボストンでの思い出だ。
冬でもTシャツで過ごすアメリカ人。
「強く見られたい」らしい・・・
Tシャツ姿の彼らはほぼ全員鼻を垂らしていた。
鼻を垂らすことは気にならないのか?
「文化」と「価値観」の違いなのだろう。
彼らはバスケットの試合会場でコートを着ている日本人が不思議で仕方がないとも言っていた。

その経験から安達さんには冒頭の提案をした。
安達さんは「そうか!」と思ったそうだ。
素直だ・・・
最初に会った頃はいつも眉間にシワをよせていた。
長年のアレルギーでナーバスだったのだろう。
それは本当に理解できる。アレルギーは生活の質を落とすからだ。
アドバイス(?)で拍子抜けしたのだろう。
今では本当にリラックスしていて笑顔に溢れている。
開き直った安達さんは、本当に鼻水も蕁麻疹も治ってしまった。

アトピー性皮膚炎の岡田君は、
「ステロイド諸悪の根源説」
の熱心な信者だった。
まずその「洗脳」を取り払わなければならない。
「とりあえずステロイド使ってみたらエエやん。
それで悪くなったら止めればエエだけや。
少々皮膚が汚くても男の身体よ」

適切な使用法を丁寧に教えた。
もちろんガイドラインにのっとって。
スペシャルなことは何もしていない。

ほぼ一年でアトピーは完全に制御内になった。
今ではほぼ完治だ。
3年ほどステロイドも処方していない。
たまに遠方からわざわざ受診してくれる。
顔を出して、近況報告してくれる。
素晴らしい!

何が言いたいのか?
かたくなに拒む原因も「偏見」である可能性が高いということだ。
百花繚乱、世間には情報がうずまく。
取返しがつかないものはそんなに多くない。
「排除しよう」とする心の方が病んでいる。

不必要にマスクを着用するのも同じ。
気道の免疫力が低下するかもしれない。
実際「咳喘息」と診断される患者さんが増えている。
咳だけが遷延する病態だ。
はっきりとした原因はわからない。
ステロイド吸入が効くのでアレルギーであることは明らかだ。

かたくなな考えの持ち主は治癒しにくい。
多くの医師が抱いている経験的事実だ。
「絶対ダメ」とか「~してはいけない」
という言葉はまさにアレルギー反応だ。

わざわざ自分の言葉のアレルギー反応に苦しむことはない。

究極の美を実現するエネルギー
悩みの種だらけ?
連載一覧を見る

執筆

1971年、大阪生まれ。医師、医学博士、内科認定医、認定産業医、スポーツ健康医、在宅医療認定医。大阪医科大学卒業後、大阪府済生会中津病院血液リウマチ内科、国立感染症研究所を経て2008年より蔵前協立診療所所長として、地域医療に従事。年間のべ約2万人を診療している。2018年、医療と教育に特化したONE LOVEビルを建設。医療従事者向けに「日本メディカルコーチング研究所」、一般の患者向けに「よろず相談所 One Love」を開設。武道家・格闘家との交流、映画出演、音楽ライブ活動など幅広く活躍。著書に『病は口ぐせで治る!』(フォレスト出版)がある。

ホームページ
https://imcjapan.org/