• 今日OK
  • 明日OK
  • スペシャルクーポン
  • キャシュポ値引
  • 男女OK

営業時間 10:00~20:00(最終受付19:00)
全ての営業時間

大阪府泉大津市春日町9-1 ネオメゾン春日103

最寄り駅:南海本線 泉大津駅 西出口より徒歩4分

ネット予約でEPARKポイント貯まる!

空席確認・
予約にすすむ

脱毛サロン Michelleのブログ

デリケートゾーンのケアについて

こんにちは!伊藤です☺

今日はデリケートゾーンのケアについてお話を。

日本ではデリケートゾーン、膣について教えてもらう機会が少なく
母から子に伝える習慣もなく、オープンに話し合った事がない人がほとんど。
デリケートゾーンのケアや膣ケアは欧米では当たり前の事なのですが
先進国の中で日本はかなり遅れているそうです。

アンダーヘアで隠れていると分かりにくいかもしれませんが
女性の外陰部の皮膚は、瞼と同じぐらいの薄さと言われているそうです。
さらに、膣内の粘膜には皮膚を保護する角質層がないそうです。
つまり、デリケートゾーン(外陰部+膣)は顔以上に乾燥しやすく
日々のスキンケアが欠かせない部分なのです。

皆さんはデリケートゾーンのケアはどのように行っていますか?

体を洗うボディソープで一緒に洗ってしまう方がほとんどだと思います。
デリケートゾーン専用のソープを薬局とかで見かけたことがあると思います。
顔だってケアしなければしわが多くなり、頬もたるみ、潤いのないカサついた状態になりますよね
デリケートゾーンも同じです!
デリケートゾーン専用のソープを使うのは顔にボディソープではなく洗顔を使うのと同じなのです

保湿も顔と同じです
ふっくらとした潤ったデリケートゾーンを目指すなら
入浴後の保湿ケアも習慣に!
女性ホルモン減少とともに乾燥が進行
カサカサになったデリケートゾーンは痒み、黒ずみ、匂い、性交通を引き起こす事もあるそうです。

保湿剤のオススメはミルクローションなどがオススメ!
アンダーヘアがある方はより軽めのテクスチャーの方が
毛に絡みにくく、ベタつきなども気にならないでしょう。

なぜ、デリケートゾーン、膣のケアが大切かというと
それは、尿道、肛門などそれぞれ部位が粘膜に覆われていて粘膜液を出す大事な場所だから!
粘液=免疫力と位置づけられているほど粘液が分泌される人ほど
体に潤いがあり、弾力のある肌質をキープできます。
髪や肌にエイジングサインを感じたら、実は膣周りもアラートが出ているはずです!

是非、VIO脱毛をされている方、しようとお考えの方
この機会にデリケートゾーンや膣の大切に目をかけてみてください。

サロンブログの
読者になる
投稿者
脱毛サロン ミシェル(Michelle)のスタッフ 伊藤恵紅美

伊藤恵紅美

イトウエクミ

お客様が満足してくださる施術を提供できるように頑張ります!

スタッフブログの
読者になる
サロンの最新記事
記事カテゴリ
スタッフ
過去の記事
脱毛サロン ミシェル(Michelle)のスタッフ 伊藤恵紅美

スタッフ

伊藤恵紅美 イトウエクミ

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。