マッサージ・リラクゼーションの用語集

ヴァータ

インド・スリランカ発祥の伝統医学アーユルヴェーダのトリドーシャと呼ばれる3要素のうちのひとつで風のエネルギーとされています。

ヴァータの性質は、軽・冷・乾・粗・動といった空・風の元素で構成され、身体活動、心拍、感覚、呼吸や、筋肉系統や神経の伝達の動きをつかさどります。よって、ヴァータ体質の人の体型は、痩せ型できゃしゃ、肩幅や腰も細く乾燥気味であり、わし鼻で歯並びがよくないといった特徴が見受けられます。性格的な特徴として、言動が素早く機敏、好奇心が旺盛、想像力が豊か、記憶力に優れているが、物忘れが多く飽きっぽく、心配性で怖がりなどの側面があるようです。

トリドーシャによる要素のうち3要素のバランスが崩れることで、病気になると考えられています。ドーシャとは体質・生命エネルギーのことを指し、それぞれ身体的な部位をつかさどっています。

治療に関しては、オイルマッサージや浄化法の施術をしたり、食事でバランスを保ったりするようにしていきます。

ヴァータのつかさどる部位は、下腹部です。腸や、骨、皮膚、大腿(だいたい)部、循環器系、神経系などに渡っています。性質として、感情の不安、心配性の人は臓器のなかで腸と結びつきが強い傾向があります。試験前にお腹を壊しやすい人もヴァータ体質の特徴といえるでしょう。

食事に関しては、熱を通したもの、油気のあるものや、甘味、酸味、塩味など身体を温める効果のあるスパイスや調理法が勧められていますが、それとひきかえ、ナス、トマトといった生野菜や、ドライフルーツといった乾物はヴァータ体質の人には控えるよう勧められています。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。