マッサージ・リラクゼーションの用語集

遠赤外線効果 【えんせきがいせんこうか】

遠赤外線は、岩盤浴でも利用されており私たちの身近な存在です。

岩盤から発生する遠赤外線を利用することで体を芯から均一に温めることができます。その結果、自律神経といった体内活動を活性化させ、新陳代謝を高めます。新陳代謝が活性化すると、体内循環がよくなり体の末端まで温まるので、冷え性を改善する効果があるといわれています。

遠赤外線効果のある岩盤浴では、体内にたまっている毒素を排出でき、ダイエット効果を期待できます。岩盤浴という遠赤外線効果を利用した汗をかきやすい環境は、ダイエットに適していて現在よりも痩せやすい体に変化させる効果があります。遠赤外線を浴びることで、自律神経を整え神経痛や不眠症や冷え性を改善でき、ダイエット効果を期待しながらも肩こりやむくみの解消にも効果があるので、体内循環を改善する目的で赤外線効果を浴びることはよいといえます。

一般的な遠赤外線は、3~1 000ミクロンの波長を意味します。温度を持っているほとんどの物質から遠赤外線が出ており、人体の表面が振動することにより体内循環が改善されます。肩こり解消や免疫機能の向上にも効果があります。

一般的な遠赤外線サウナは、55度に設定されているため、室温的に低いのではないかと感じるかもしれませんが、遠赤外線効果によって発汗量を多くすることができます。遠赤外線を利用したサウナで出る汗は、さらっとしていることが特徴で、男女共に人気が出てきています。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。