マッサージ・リラクゼーションの用語集

かっさ

かっさとは、2500年前から石や木片を使用し行われてきた中国の民間療法で、語源は滞り動かなくなった血液という意味を表しています。

肌をこすることで血液を循環させ、滞りをなくすことを目的として、親から子へ子から孫へ民間療法として受け継がれてきました。かっさを実践すると、リンパの流れが改善されるため、脚のむくみを解消できリフトアップできます。新陳代謝を促進するかっさは、冷え性を改善し風邪をひきにくい体にしてくれます。

かっさの効果を日常生活で感じたいのであれば、パソコン作業で目が疲れた際に、目の周りをマッサージしてみてください。すると、目の周りの疲労が改善され、楽になっていることが感じられるでしょう。それが、かっさの効果です。

かっさは、高い技術や専門性がなくてもだれでも実践できますし、体への負担が低く、副作用がありません。基本的な約束ごとさえ守れば、だれでも自宅で行えます。

手軽にだれでも行うことができるかっさですが、妊娠中や、飲食後30分以内、病気で発熱状態、手術後、腎臓や心臓に疾患、サウナのあとなどは行わないようにしてください。かっさの効果が、身体の状況によってはよくないことがありますので、上記に該当する人は体が健康的になってから行うようにしましょう。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。