マッサージ・リラクゼーションの用語集

カパ

インド・スリランカ発祥の伝統医学アーユルヴェーダのトリドーシャと呼ばれる3要素のうちのひとつで、水のエネルギーとされています。

カパ(カファともいう)の性質は、重、冷、遅、油、緩といった水・地の元素で構成され、身体的には結合するエネルギーとして肉体の構造や体力の維持などの動きをつかさどっています。よって、カパ体質の人の体型は、物静かで落ち着いていて忍耐強いのが特徴です。性格的な特徴として、献身的でおおざっぱ、鈍感な一方、執着心が強いといった側面もあるようです。一般的には体格がよくて、持久力や体力的なことに優れた傾向があり、忍耐強いので重労働にも適しています。太りやすい性質なので、肥満も多く見受けられます。

トリドーシャによる要素のうち3要素のバランスが崩れることで、病気になると考えられています。ドーシャとは体質・生命エネルギーのことを指し、それぞれ3つの要素は身体的な部位をつかさどっています。

治療に関しては、それぞれのドーシャに適したオイルマッサージや浄化法の施術をしたり、食事でバランスを保ったりするようにしていきます。

カパのつかさどる部位は、胸部です。咽頭、鼻、舌、脂肪、気管支、関節をつかさどります。運動不足になりがちな肥満体質の人は、呼吸が荒くなるのも、このドーシャの特徴といえるでしょう。

食事に関しては、温野菜やスパイスの効いたもの、豆類が勧められていますが、調理法としては油ものを避けるほうがいいようです。また、塩分、油分が多いもの、ナッツ類、乳製品など体を温めるとされているようなものは摂取を控えるように指導されています。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。