マッサージ・リラクゼーションの用語集

眼精疲労 【がんせいひろう】

眼精疲労とは、目に起こる異常のうちのひとつです。

これには主に3つの原因があります。ひとつは、近眼や老眼といった目の調節機能による問題です。もうひとつは、パソコンの画面の照り返しやエアコンによる乾燥といった、周りの環境による問題です。最後のひとつは、ストレスを代表例とする心の問題です。

眼精疲労が起きると、単純に目の疲れだけではとどまらず、頭痛や食欲にも影響を及ぼします。また、うつ状態を引き起こしてしまう可能性もあるため、決して楽観はできません。肩こりで身体に悪影響を与える可能性もあります。眼精疲労はだれにでも起こりうるものですが、特に、日常的にパソコンを使う人や、書類と長い時間向きあう必要のある人は注意が必要です。

この眼精疲労と似たものに、眼疲労というものがありますが、このふたつは、原因や症状では似通っています。しかし前者は休んでも目の疲れが取れない、1時間の休憩をはさんだが、目も頭もぼんやりとして動かないというように、症状が継続します。そのため、当然のことながら、前者の方が症状としては重いのです。

眼精疲労がひどい場合は、病院に行ったり、メガネ店でメガネの度数を調整したりしてもらう必要があります。また、仮に一時的に改善したとしても、同じような生活を続けていれば再び悪化する可能性が高いため、生活の見直しも必要です。現在は、パソコンの照り返しを防ぐメガネなども売られているため、これらを利用するのもよいでしょう。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。