マッサージ・リラクゼーションの用語集

気功 【きこう】

気功は、中国伝統の民間療法、代替治療であり、健康法のひとつです。

気功は、主に体内にあるとされる気を循環させて気の質やコントロールする能力を高める内気功と、身体に必要とされるよい気を体外から体内に入れ、身体に不要な悪い気を体外に排出させ、気の交換を行う外気功があります。

中国の伝統医療のひとつで、欧米では看護学教授のデローリス・クリーガーによって気功を基に、タッチセラピーが開発されました。

現在の日本において、気功は、その本来の目的である気によって自己免疫力を高め、生命活動を高めるための医療技術としての見方が薄れている傾向があります。その背景には、中国古来の医療において、重要である陰陽五行の思想が日本には根づいていないためと考えられています。

鍼灸(しんきゅう)や按摩(あんま)、漢方と並んで東洋の伝統医療のひとつである気功は、気を使った治療法や、さまざまな分野で開発されてきました。気とは、陰陽五行の観点で考えられている概念であり、日本でも、古来より手当て療法があるため、目に見えないエネルギーを扱うという点において、スピリチュアル思想の人々の間では、霊気と混同されやすい風潮もあります。

気功は、健康を増進するためのもの伝統医療として、東洋医学となじみの深い日本や台湾などの地域に限らず、欧米や諸外国においても、太極拳や健康法とともに広く発展してきた中国の文化的象徴ともいえます。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。