マッサージ・リラクゼーションの用語集

キャリアオイル

アロマテラピーで、精油を使うときに希釈する植物性オイルのことをいいます。

精油は高濃度の抽出液なので、原液を使用すると肌に強すぎるために、マッサージなどの場合、キャリアオイルで施術します。その役割は、精油を薄めて、肌への刺激を和らげる以外に、油分で皮膚を保湿し、マッサージの際に伸ばしやすく手の動きをスムーズにするためです。

キャリアオイルのなかで、最も一般的なのは、ワックスタイプのホホバオイルです。妊婦にも使用することができ、アレルギーや肌への抵抗が少ないオイルです。ほかには、油脂系の、スィートアーモンドオイルやグレープシードオイル、オリーブオイル、ナッツ油があります。

キャリアは運ぶものという意味があり、精油を体内へ浸透させるという働きがあるのでこのように名づけられました。ベースオイルや、ブランドオイルとも呼ばれることがあります。それぞれのキャリアオイルは、ビタミンを多く含むものや、医療の分野で使われるもの、スキンケアに使われるものなど効能はさまざまです。

オイルによっては肌への抵抗が少なく、食用にされているものも多いことから安全性は高いのですが、アレルギーをお持ちの人は、使う前にパッチテストをするとより安心です。

キャリアオイルは、精油の成分や特性にあった選び方をすることで、相乗効果があるとされています。安価で手に入りやすいオイルもありますが、効能や香りによって選ぶことでよりリラクゼーションや癒やしの効果を期待できるのです。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。