マッサージ・リラクゼーションの用語集

灸頭鍼 【きゅうとうしん】

鍼(はり)と灸(きゅう)を組みあわせた施術の手法です。

皮膚に鍼を刺したあと、鍼の柄の部分にもぐさをのせて点火します。もぐさが燃えている間、心地よい熱がツボに伝わり、非常にリラックス効果の高い治療法です。

身体のやや広い範囲を灸によって温めることができ、それと同時に鍼と灸でツボを刺激することができます。もちろん灸施術であるため、赤外線の照射と比べるとやや強めの熱ですが、受け手としては気持ちよく感じる温度です。鍼の治療と灸の治療を別々に分けて行うよりも、時間が短縮できるというメリットもあります。

通常の灸施術と比べると、もぐさを多量に使用する方法です。そのため、発生する煙や臭いも強くなってしまうというデメリットがあります。施術を受ける環境によっては髪の毛や衣服に臭いがついてしまう可能性もあるため、受け手に敬遠されやすい面があります。しかし最近では、灸頭鍼(きゅうとうしん)専用に煙や臭いの少ないもぐさが開発・販売されており、上記のようなデメリットは解消されつつあります。

細い鍼にもぐさをのせると聞くと、少し心配になるかもしれません。しかし、もぐさはとても軽いものなので、適切な大きさのもぐさを用意すれば重みで落ちてしまうことはありません。また、万が一の落下を防ぐために、もぐさをのせるためのキャップがついた鍼も販売されています。当然、灸頭鍼の施術中は国家資格者であるきゅう師がすぐそばで管理していますので、不安があれば質問をし、要望を伝えましょう。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。