マッサージ・リラクゼーションの用語集

五大元素 【ごだいげんそ】

万物において、すべての基本物質とされている空・風・火・水・地の気・状態を五大元素といわれています。

この思想の由来はインド哲学にあるとされ、火水地で三大、地水火風で四大ともいわれています。五行思想では、木・火・土・金・水とされ、陰陽思想においては5つが互いに活かし、打ち消すことで万物が成り立つといわれています。

五元素に対し、西洋では医学の祖ヒポクラテスによる風・火・土・水からなる四元素が紀元前400年ごろにできました。五行思想との大きな違いとしては、四元素はプラスとマイナスの対極である二元論に比べ、陰陽思想の根づく東洋思想では、プラスもマイナスも表裏一体であるという相対的な見方がされています。

五大元素の主な特徴は、地球・大地を意味する動きのない性質を地、流動質で常に変化し続ける性質を水、力強く何かをするための動機づけやその発端となる欲求する性質を火、常に成長し拡大しつづける性質を風、サンスクリット語でアカ―シャ、般若心経の虚空の意味といわれている空です。これら五大元素は、互いに引きあい、重なり、また相反する性質を知ることで治療だけでなく、人間の本来持っている性質や人間関係においても大きく影響を与えているとされる自然哲学です。その特性が探求されることで、現代においてもヒーリングやカラー、セラピー、東洋医学など多くの分野で基盤を作ってきた哲学といえるでしょう。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。