マッサージ・リラクゼーションの用語集

ストレス

外部から生じる刺激のうちで、心身への負荷となる反応のことをストレスといいます。

ストレスの原因はストレッサーと呼ばれており、その外的刺激の種類から物理的ストレッサー、化学的ストレッサー(酸素、薬物など)、生物的ストレッサー(炎症、感染)、心理的ストレッサー(怒り、不安など)に分類されています。

物理的ストレッサーには、騒音や混雑など、化学的ストレッサーは、酸素や薬物など、生物的ストレッサーは、炎症や病、ウイルスなど、心理的ストレッサーでは、怒りや喜び不安などがあげられます。また、性格的要因によってストレスの発祥が異なります。同じ刺激を受けても感じ方で、良い方にも悪い方にもストレス反応が出てしまうのもこのためです。

ストレスとは一般的に、病の発端になるとされる不快なものの意味で使われることが多いのですが、本来の意味では、嫌なものだけでなく、喜びやうれしさという感情に付随して心身に働きかける負荷という状態のことも含めてストレスといいます。しかし、ストレスが、現代病や、慢性病、障害を引き起こすとされる研究結果があるのも事実です。夢や目標に向かって前進するような自分にとって良いストレスもあれば、仕事や不眠、人間関係など不快なストレスもあります。

交感神経と副交感神経のバランスが取れている状態が心身への負担は少ないともいわれています。良いものも、悪いものもどちらも過度になりすぎず上手につきあうことで、ストレスもバランスが取れていることが、心身へのリスクをなくし健康で望ましいと状態だと考えられています。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。