マッサージ・リラクゼーションの用語集

セラピー

治療、療法のことをいいます。主に手術、投薬を行わず心身に働きかける治療のことをいい、大きく分けると、物理療法(フィジカルセラピー)と心理療法(サイコセラピー)に分類されます。

精神・心理療法のサイコ系、アロマやリフレクソロジーのボディ系、霊気のエネルギー系の三つが主流となっていますが、近年では、薬草、食育のような、新しい分野も生まれています。多種多様なセラピーの分野が開拓され、厳密にいうと治療とは異なる、癒やしとしてのセラピーも発展してきました。

医療分野で行われる心理療法やカウンセリングなどとは違って、一般の人でも受けやすいため、アロマや、クリスタル、アート、などを使うことで、ストレスを解放し、肉体的、感情的な癒やしをもたらす効果があります。

セラピーは資格も取りやすく、家庭でセッションすることができるため、だれでも受けやすいのが、医療分野で行われる治療との違いです。

現代では、セカンドオピニオンとしても、代替医療を使う場面も多く、自然療法としてもセラピーの分野が必要とされてきているのも事実です。今や、不調を感じた際には、治療師としてセラピストを尋ねる人は珍しくありません。

日本では、薬事法など、医療の現場とセラピーとの間にまだ多くの課題がありますが、海外では、自然療法を医療の現場で用いられ、レメディはレスキュー隊が当たり前に使用しています。治療という意味でのセラピーも、もともとの由来でいけば、多くのセラピーが開発され、セラピストが誕生している日本はこれからの医療分野での活躍も期待されることでしょう。アロマテラピーのテラピーもセラピーと同じ意味を持ち、フランス語の語源でのいい方です。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。