マッサージ・リラクゼーションの用語集

セン

タイ古式マッサージにおいて、人体に流れているとされるエネルギーラインのことをいいます。

タイ古式マッサージがインドからやってきたとされているため、東洋の伝統医学であるアーユルヴェーダにも、このエネルギーラインの存在が確認されているとされます。

呼吸や食べ物が人体に入ってプラーナに変わり、センを通って全身にいきわたります。センは72, 000本もあるとされています。タイ古式マッサージでは、特に重要とされている10本の主要センをマッサージすることによって、生命エネルギーの流れをよくし、バランスを整えて自然治癒力、免疫力を回復させ、病気を治療したり未病をふせいだりするとされています。主要10本には、セン・スマナ、セン・イッタ、セン・ピンカラ、セン・カラタリ、セン・サハサランシ、セン・タワリ、セン・ラウサン、セン・ウランガ、セン・ナンタクラワット、セン・キチャナがあります。このうち6本が足の部分にあり、症状によってどのセンを施術するかによっても違いますが、タイ古式マッサージは、足から重点的に施術を行う特徴があります。

解剖学でもこのセンは証明することができず、東洋医学でいう気と同じ意味あいをもっています。

気血の通り道である経絡の脈とは、厳密には一致していないとされます。東洋医学で重要な五元素に対し、タイの医学では、地、水、風、火の四元素で、そのバランスが崩れることで健康が損なわれるとされています。どちらも目に見えないもので証明できないものですが、マッサージにおいてその効果が有効であると明らかにされています。

センはタイ語であり、日本語では線の意味にあたります。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。