マッサージ・リラクゼーションの用語集

ドーシャ

インド・スリランカ発祥の伝統医学アーユルヴェーダにおいて、ドーシャとは不純なもの、病素という意味を持つ、体質または生命エネルギーのことをいいます。

人の体内には風・水・火と3つのエレメントに象徴されるヴァータ・ピッタ・カパがあり、それらを総称して、トリドーシャと呼ばれています。3つのドーシャは互いに日々、時間ごとに変化しているとされています。それらが均等に保たれている状態では健康と位置づけられますが、それぞれのエネルギーのバランスが崩れると病になると考えられております。身体的な構造や、新陳代謝、体内循環の働きも適切である状態が、健康であるという定義です。

アーユルヴェーダの施術では、まずこのドーシャのバランスを調べるところから始まります。ドーシャは、痩せ型に象徴されるヴァータ体質、中肉中背に象徴されるピッタ体質、太りやすいカパ体質の3つに分類されます。ドーシャのバランスの取れた健康な状態とは、その人の資質や、生まれ持った本質(プラクリティ)によって決まります。

基本的なドーシャは、先天的なバース・プラクリティと後天的なボディ・プラクリティに分かれています。その人のドーシャバランスを決めるのは、遺伝的な作用と、食事や生活習慣で身についた要因によって異なるのです。体型や性質だけでなく、感情面や感覚も、遺伝のみならず、食事や習慣などに起因します。そのため、家系によって病気に偏りがある場合もドーシャバランスが似ている所以であり、家庭で食事に気をつけることで病気を未然に防ぐことができるのです。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。