マッサージ・リラクゼーションの用語集

ヌアボ-ラン

タイ語で、タイ古式マッサージのことをいいます。ヌアッ(ト)はマッサージという意味で、ボーランは伝統的な、という意味とされています。

指圧や、四肢を曲げ伸ばしするストレッチのような技法が特徴でタイ式伝統医療のひとつとされています。タイは、中国とインドに隣接しているので、両国の影響が色濃く残っている国であり、タイ古式マッサージは、2 500年前、仏陀の主治医であったとされるインド人医師であったシバカゴーマラバットによって、仏教とともにタイへ伝来したといわれています。

現在は観光やスパの影響で、健康法や美容法としてのタイ古式マッサージが国内外で知られていますが、本来はタイ式伝統医療であるため、インド発祥のヨーガやアーユルヴェーダも取り入れられているとされ、それに付随しスピリチュアルでありシャーマニズムとも深く関係しています。

タイでは、本来の手法である荒療治や除霊などをふくめたシャーマニズムとの関係の深い部分は、近年では卓越者が減ってきており、マッサージのみを行う施術者が多くなってきました。マッサージによって、人体に流れるエネルギーラインを刺激することで老廃物を排除し、血液の循環を高めるなど、健康を増進し体調をよくすると考えられています。

エネルギーライン自体、目に見えないものであり証明するのが難しいため、日本では代替医療や、スピリチュアリティを含む分野でうたわれるよりも、美容や健康法としての認知の人になじみがあります。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。