マッサージ・リラクゼーションの用語集

ハーブ

ハーブ

ハーブとは、香草やお茶にできる植物といわれていますが、これといって定義がなく、人間の生活に役立つ自生植物と認識されています。ハーブの語源は、ラテン語のHERBA(薬草)から来ており、日本語で香草、薬草として使われています。ハーブを利用すれば、リラックスや安眠などのさまざまな効果を得ることができます。

一般的にはハーブティーとして利用されていますが、私生活で用いる分量であれば、危険はありません。ですが、妊娠中の方は避けてください。妊娠中でなければ、安心して利用できます。

ハーブティーの飲み方ですが、これといって決まりはありませんので、そのときの状況に応じて、飲みたいと思う香りを選択し、ゆっくり心を落ち着けて、飲んでみてはどうでしょうか。初心者の方であれば、正しいハーブティーの選び方を知りたいと思うかもしれませんが、最初の1つは、自分の気に入ったもので問題ありません。2番目に選ぶ方法としては、少量のハーブティーを購入して飲んだ際に、心地良い感じがすれば、あなたにあうハーブティーですから、そのハーブを選択すると良いです。

ハーブティーは、飲むことで体を落ち着かせることができますが、薬を常飲している方は、ハーブティーを飲むことをおすすめできません。心臓や肝臓やほかの病気治療と投薬を受けられている方が、飲んではいけないハーブがありますので、注意が必要です。

ハーブティーは、飲むことで心を落ち着かせることができるので、健康な方は好きな香りを見つけて、飲んでみてはどうでしょうか。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。