マッサージ・リラクゼーションの用語集

未病 【みびょう】

未病とは、中国語の東洋医学の文言で書き換えると、未ダ病ニナラザルとなります。

日本語で分かりやすく説明すれば、まだ病気になっていないという意味になります。ですから、自覚症状はあるけれど、検査をしても数値的な問題は見られない状態であり、有効な手当を行っていないことを意味します。私たちが病気でイメージすることとして、体の痛みがあり自覚症状があるから治療するといったものですが、中医学的な発想をした場合、目立つ症状が出ていなくても、元気が出なければ、病気と判断されます。この状態になると、まだ病気ではないけれど、いずれ病気と判断されることがあるかもしれないという状態になります。

未病を治療する理由は、病気になる前に体をケアすることで、病気を未然に防ぐ目的があります。私たちの体は、しっかりとした睡眠と適度な運動を心がけなければ、疲労がたまってしまいます。疲労がたまった状態では、いい仕事をすることはできません。体に疲労をため続けると体調不良になり、病気になってしまいます。病気にならないためにも、体調が良くないなと自覚したら、病気になる前にケアすることが大切なのです。

未病を意識した生活を送ることで、病気になる前に自分で生活習慣を改善できます。最近、運動をしていないなと思ったら、運動することが大切ですし、睡眠がしっかりとれていないなと思ったら、自分の体に必要な睡眠時間をとらなければなりません。病気になる前に、生活習慣を整えて病気を予防する生活を送ることが大切です。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。