マッサージ・リラクゼーションの用語集

もみ返し 【もみかえし】

もみ返しとは、整体やマッサージなどをしてもらった際に、筋膜や筋繊維が損傷して炎症が起きている状態のことを指します。スポーツや軽度の運動をしていて、筋肉痛になった経験があると思いますが、その状態と似ています。

もしマッサージされた後に、もみ返しが発生したとしても、施術の上手い・下手というのはあまり関係ありません。ある程度の強度を持ってマッサージを行えば、もみ返しが出る人もいますし、出ない人もいます。

もみ返しが出てしまった場合は、炎症部分を冷やすことが大切です。アイシングの仕方は、氷を入れた袋をもみ返しが起きている部分にあてるか、保冷剤を活用して、冷やしても良いでしょう。または、炎症部分に冷湿布を貼ることで解消する方法もあります。どれぐらいの時間を冷やせば良いのかについてですが、10~15分ぐらいを目安とし、長時間冷やさないようにしてください。湿布は貼ったまま放置するとかぶれてしまうことがあるので、肌の弱い方は、湿布の効果がなくなり次第はがすように心掛けてください。炎症部分は冷やすことが大切で、温めてしまうと炎症が悪化してしまうので注意が必要です。

一方、身体的なだるさから来るもみ返しの場合、体を温める必要があります。水を飲み、ぬるめのお風呂に入るといったことをして体を温めることで、老廃物の排出を促しましよう。もみ返しの症状によって、対応の仕方が変わりますので、自分の体にあう対処を行いましょう。

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。