EPARKリラク&エステ正規掲載店
全額返金・最低価格保証
  • 今日OK
  • 明日OK
  • キャシュポ値引

営業時間 11:00~21:00(最終受付20:20)
全ての営業時間

東京都港区台場1-7-1 アクアシティお台場 4F

最寄り駅:ゆりかもめ 台場駅 北口よりアクアシティお台場まで徒歩4分

ネット予約でEPARKポイント貯まる!

空席確認・
予約にすすむ

Re.Ra.Ku アクアシティお台場店のブログ

フットケアの歴史 古代エジプト編

足裏のほぐし

ご閲覧頂きありがとうございます!
台場駅からすぐ、Re.Ra.Kuアクアシティお台場店です♪
本日、12月28日(金)のご予約状況のお知らせです!
本日は11:00~のお時間帯に空きがございます。
お電話もお待ちしております!




みなさん、こんにちは!
今日は「フットケアの歴史」今日は古代エジプト編についてお伝えしようと思います!

【フットケアの歴史】
今日のフットケアは19世紀にはじまり、アメリカのユーニスインガム女史らが足の反射句ゾーンの分布を示したフットチャートを考案した頃に広く知られるようになりました。

しかし、手足を刺激する行為そのものは古代から行われていたことが、考古学研究によってわかっています。
正確な用語や原理は記録が残されていない、あるいは現代までに失われてしまいました。
しかし、過去の遺物から、人間が古代から健康を増進し、病気を防ぐ目的で手や足を刺激する習慣があったことがわかります。

【世界各国で行われていたフットケア】
<古代エジプト編>

サッカラにあるアンカモール医師の墓入り口に残る紀元前2330年に描かれた象形文字には手足のケアについての記述があります。

墓に残された象形文字は、個人に関係の深い事柄を書くのが普通であったため、この墓に眠る個人がフットケアを行う医師だったのではないかと推察できます。
興味深いのは「痛くしないでください」「おっしゃる通りにします」といった会話を表す象形文字が残されていることです。

また、カルナクにあるアメン大神殿で発見された象形文字にはラムセス2世(1279-1213)の勝利とともに、カデシュの戦いに参加した歩兵の足を手入れしている描写もあります。
この戦いは長距離の行軍だったため、足を痛める兵士が続出したのかもしれません。

いかがでしょうか?次回は古代中国編についてお話ししようと思います。
お得なクーポンでぜひお足元をほぐしに来てください!





新しい健康を考える
Re.Ra.Ku アクアシティお台場店

〈営業時間>
11時~21時(最終受付は20時20分)
※定休日は施設定休日に準ずる


アクセス
ゆりかもめ「台場駅」より徒歩1分/りんかい線「東京テレポート駅」より徒歩6分

〒135-0091
東京都港区台場1-7-1
アクアシティお台場 4F


★マッサージよりも気持ちいいリラクの肩甲骨ストレッチ★

おすすめコース

EPARKリラク&エステキャンペーン

おすすめコース

【特別クーポン】

おすすめコース

疲労撃退コース

おすすめコース

フットケア

おすすめコース

フットケア

おすすめコース

フットケア

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。