EPARKリラク&エステ正規掲載店
全額返金・最低価格保証
  • 明日OK
  • キャシュポ値引

営業時間 11:00~21:00(最終受付20:20)
全ての営業時間

東京都港区台場1-7-1 アクアシティお台場 4F

最寄り駅:ゆりかもめ 台場駅 北口よりアクアシティお台場まで徒歩4分

ネット予約でEPARKポイント貯まる!

空席確認・
予約にすすむ

Re.Ra.Ku アクアシティお台場店のブログ

フットケアの歴史 古代中国編

フットケア60分の手技

ご閲覧頂きありがとうございます!
台場駅からすぐ、Re.Ra.Kuアクアシティお台場店です♪
本日、1月9日(水)のご予約状況のお知らせです!
本日は14:00~のお時間帯に空きがございます。
ペアでご案内出来るお時間は14:00~となっておりますので
是非お気軽にお越しくださいませ!

お電話もお待ちしております!



。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・。。・*.。・*.。



みなさん、こんにちは!
今日は【フットケアの歴史】古代中国編についてお話しします!

中国の伝統医学では、健康とは「気」がエネルギーの通り道である「経絡」を通って全身によどみなく流れている状態であると考えられています。

経絡は手足から出て、手足に戻るため、手足のポイントを圧することでバランスの取れた気の流れを作ることができるといわれています。
中国にはフットケアの概念が約千年前から存在しています。

当時の中国の医学文献「The method of toe Observations」には足と足と健康のかかわりについての記述があります。
その三千年後には一人の医師が古代から伝わる「Examining Foot Method」を研究しそれを系統立てた「Tao of Foot Center」を発表しました。

しかしその後、秦王朝が誕生すると工程がすべての書物を燃やすことを命じたためそれら参考文献はすべて灰となり
その考えもすたれてしまったようです。

鍼灸治療の陰で伝統的な市の手入れは、現代の中国でほぼ忘れられた存在となっていました。
その良さが見直され始めたのは20世紀に入ってからになります。

国の医学によってフットケアの捉え方が違うのは面白いですね!

当店ではフットケア大変お勧めしております!是非お得なクーポンで試してみてください!

次は日本編をお話しできたらと思います♪お楽しみに!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・☆★☆
新しい健康を考える
Re.Ra.Ku アクアシティお台場店

〈営業時間>
11時~21時(最終受付は20時20分)
※定休日は施設定休日に準ずる


アクセス
ゆりかもめ「台場駅」より徒歩1分/りんかい線「東京テレポート駅」より徒歩6分

〒135-0091
東京都港区台場1-7-1
アクアシティお台場 4F


★マッサージよりも気持ちいいリラクの肩甲骨ストレッチ★

おすすめコース

EPARKリラク&エステキャンペーン

おすすめコース

【特別クーポン】

おすすめコース

疲労撃退コース

おすすめコース

フットケア

おすすめコース

フットケア

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。