• スペシャルクーポン
  • キャシュポ値引
  • 男女OK

営業時間 10:00~15:00(最終受付15:00)
全ての営業時間

兵庫県西宮市甲子園口3-3-3 グリュックY101

最寄り駅:JR神戸線(大阪~神戸) 甲子園口駅 南口より徒歩3分

ネット予約でEPARKポイント貯まる!

空席確認・
予約にすすむ

整体院 明価のブログ

【腰痛】お尻を緩めてはいけない腰痛パート1

西宮市のJR甲子園口駅 徒歩3分 姿勢・重心調整による根本施術整体院 整体院 明価

こんにちは、高橋です。

今日は、腰痛に対してお尻を緩めてはいけない場合についてお話していきます。

お尻の筋肉である大腰筋(だいようきん)の硬さは腰痛の原因として大きな割合を占めている筋肉です。
しかし、だからと言って大腰筋をむやみにほぐして緩めたりすると逆に腰痛を悪化させてしまう場合があるのです。

まず、腰痛の原因として腰骨である腰椎が不安定になっていることがあります。
では、体はどのように腰椎を安定させているかというと
前にある大腰筋・後ろの大臀筋(お尻)・多裂筋を収縮されることによって安定させています。


ここで、もし大腰筋の筋力が弱く収縮できない・腰椎を支えられなくなっている場合どうなってしますのかというと、大臀筋が腰椎を支えようと強く収縮しします。

大腰筋の分も大臀筋(お尻)が働くので、当然、疲れやすい状態(硬くなりやすい)になってしまします。
そんな時に大臀筋をほぐしたくなりますが、ほぐしすぎると力が入らなくなってしまうため今度は、腰椎自体の安定性が保たれず痛みが出やすくなってしまうんですよね・・・

そこで、みていただきたいのが、大腰筋の筋力です。
方法として、お尻の下にストレッチポールか丸めたタオルをはさみ、三角すわりをしてもらいます。
そのまま背筋を伸ばした状態で、後方へ倒れていき姿勢を保てるかどうか見る方法です。

保てたら、大腰筋に力が入る。
崩れたら、力が入らないという風に見ていただければと思います!

写真の赤線のラインを通ればOKです。
黒線のように丸くなったりすると大腰筋で止まれていないことになります。

【腰痛】お尻を緩めてはいけない腰痛パート1

ではまた!

おすすめコース

【新規限定】 整体

おすすめコース

【根本改善期間集中】回数券

サロンブログの
読者になる
投稿者
整体院 明価のスタッフ 高橋健太

高橋健太

タカハシケンタ

あなたの悩みをしっかりと聞き、あなたの辛さ、しんどさ・問題に全力で寄り添います。

スタッフブログの
読者になる
サロンの最新記事
記事カテゴリ
スタッフ
過去の記事
整体院 明価のスタッフ 高橋健太

オーナー

高橋健太 タカハシケンタ

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。