腰痛に効くウォーキング方法でアンチエイジングも

EPARKリラク&エステ

2016年12月25日 更新

これなら続けたい!腰痛に効果的なウォーキング方法とは

これなら続けたい!腰痛に効果的なウォーキング方法とは

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

全身運動であるウォーキングは、筋肉の衰え等によって起こる腰痛を改善させる効果が期待できます。加齢や運動不足で筋肉が衰えると、背骨や腰を支える筋肉に負担がかかり、その結果腰に痛みを覚えやすくなるといいます。ウォーキングで背中まわりの筋肉を鍛えて、腰痛の悩みを軽減させましょう。

ウォーキングで得られる効果

全身運動であるウォーキングには、さまざまな健康効果が期待できます。筋力トレーニングなどと違って、ウォーキングは全身をバランスよく鍛えることができます。高齢世代の方にとっては、体の安定感が増すことで転倒などの防止にもなるでしょう。また、ウォーキングは有酸素運動でもあります。リズミカルな呼吸が自然とできるようになれば、エネルギーを効率よく消費することができます。そのため肥満の解善にも貢献してくれます。さらに、ウォーキングは激しい運動ではないので心身にかかる苦痛も少なく、リラックス効果を得ることも可能です。そして全身の筋肉のバランスが整えば、腰の筋力アップにもつながり、腰痛にも良い効果が期待できるというわけです。

正しいウォーキングの姿勢

ウォーキングがさまざまな健康効果をもたらしてくれるといっても、ただやみくもに歩いているだけではウォーキングの恩恵は得られません。なかでも、腰痛改善のためにウォーキングをするなら、特に意識しておきたいのが姿勢です。猫背になっていたり、あごが前に出ていたりすると、ウォーキングによってかえって腰痛が悪化してしまうことにも。ウォーキングの基本姿勢は、まずお腹を少しへこませて少しだけ胸を張ります。それから、あごを引いて、踏み出す足はかかとから下ろすように意識しましょう。腰痛は筋肉の衰えだけでなく、悪い姿勢によっても引き起こされます。正しい姿勢でウォーキングすることで、腰や背中の筋肉を付けると同時に、姿勢の改善にもつながります。

服装や靴にも気を配る

ウォーキングをする時は姿勢だけでなく、服装や靴にも気を配っておきたいところです。ウォーキングは散歩感覚でもできますが、本格的に行う場合はスポーツウエアなどを着て実践するようにしましょう。体をあまり締め付けないタイプの服装なら、歩きやすいので快適にウォーキングができるはず。また、夏場などは汗もかきますから、吸水性の高いウエアなどを着てみても良いでしょう。それから、安全にウォーキングを楽しむなら靴も大切です。ウォーキングをする時は、足にかかる負担を軽減するためにクッション性の高いシューズを履くようにしましょう。ウォーキングシューズなどの専用シューズであれば、歩きやすい上に足への負担も少なくなり理想的です。

体を冷やさないように注意!

ウォーキングをしていると意外と汗をかきます。一時間くらいウォーキングをしているとかなりの運動量になるでしょう。しかし、汗をかいて体を冷やしてしまうと良くありません。体調不良の原因になってしまうこともあり、せっかく健康のために歩いているのに体調を崩してしまっては本末転倒です。ウォーキングをする際は汗で体が冷えないように工夫しましょう。高い吸水性や速乾性のあるウエアの着用が理想的です。

運動不足が改善されると他にもうれしい効果が

ウォーキングは腰痛対策に効果的なだけなく運動不足の解消にもつながりやすい運動法だといわれます。軽めの運動であるウォーキングは継続して続けやすく、しかも全身運動で効率よく体を鍛えられます。ウォーキングで運動不足が改善されると、腰まわりの筋肉の強化だけでなく、それ以外にもうれしい効果を実感できるようになるでしょう。運動不足は筋肉量の低下、ひいては代謝の悪化につながることがあるため、老化を早めるといわれています。逆にいえば、ウォーキングで運動不足を改善させることはアンチエイジングにもつながり、いつまでも若々しい体を維持するきっかけにもなり得るということです。

まとめ

さまざまな健康効果をもたらしてくれるというウォーキングも、三日坊主で終わってしまってはもったいない。ウォーキングを長く続けるためにも、まずは軽めの散歩から初めて、慣れてきたら本格的なウォーキングに移行してみると良いでしょう。

関連キーワード

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE