姿勢や生活習慣を見直し、肩こりや耳鳴りを予防しよう

EPARKリラク&エステ

2017年2月14日 更新

煩わしい耳鳴りの原因は肩こりの可能性が!?

煩わしい耳鳴りの原因は肩こりの可能性が!?

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

「ゴー」「キーン」など、耳元で不快な音が聞こえてくる耳鳴りは、非常に煩わしいものです。何とか不快音から解放されて安らかな時間を取り戻したいものですが、それにはどのようにすればよいのでしょうか? 今回は、耳鳴りの原因となりうるものを紹介しながら、その改善法について探っていきます。

耳鳴りの原因とは?

耳鳴りはさまざまな要素が複合的に絡み合って起きていることが多く、いまだにそのメカニズムは完全には解明されていないようです。耳鳴りは、疲労・寝不足・ストレス・加齢・聴力の低下・首や肩のこり・慢性中耳炎・外リンパ瘻(ろう)・メニエール病などによって起きやすいといわれますが、耳鳴りに悩まれるのは比較的高齢者に多いことから、加齢がひとつの大きな要因となっていることも考えられるでしょう。

では、なぜ年齢を重ねると耳鳴りが起きやすくなるのでしょうか? それは、聴覚を司る「蝸牛(かぎゅう)」の機能低下が関与しているようです。私たちが音を聞くことができるのは、空気の振動を「蝸牛」が電気信号に換えて脳に届けてくれるからです。しかし、老化によって蝸牛の機能が衰えると、体は感度を上げようとして本来処理しなくてもよい不要な信号まで脳に送ってしまうことがあるというわけです。

肩こりと耳鳴りの関係

その一方で近年、耳鳴りは20~30歳代の人にも増えているようです。多くはストレスや不規則な生活による「自律神経の乱れ」が原因だと考えられています。自律神経が乱れると血管が収縮するために筋肉の緊張が高まり、耳鳴り、めまい、頭痛の他、首・肩のこりなどを引き起こしやすくなるといわれます。

デスクワークなどによる首・肩のこりによって血の巡りが悪くなると、その周辺の部位にも悪影響をもたらすことがあるため、肩こりが耳鳴りの要因になることも。肩をほぐせば耳鳴りがおさまる場合もあるようです。ただし肩こりが慢性化している場合は、その分耳鳴りは改善されにくくなると考えられるのです。これは耳鳴りだけでなく、血行不良によるめまいや頭痛に関しても同じことがいえます。逆に肩こりがおさまっても耳鳴りが止まらないのであれば、他の要因を疑ってみるべきかもしれません。

姿勢や生活習慣を見直そう

生活リズムが不規則だと自律神経のバランスが乱れやすくなるため、耳鳴りの原因となり得る「自律神経のバランス」を整えるためには、就寝及び起床や食事などが毎日ほぼ同じ時刻になるように意識することが大切です。また、寝不足は慢性疲労やストレスの原因となるので睡眠時間は充分に確保しましょう。熟睡できないという人は、就寝前にぬるめのお風呂に入ったり静かな音楽を聴いたりして、心身をリラックスする工夫をしてみてください。

ちなみに、タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる働きがあり、血行不良の原因となります。耳鳴りが気になるようなら、なるべくならタバコは控えた方が賢明です。さらに、姿勢が悪いと血行の妨げとなり、耳鳴りを誘発することがあります。日頃から正しい姿勢を心がけ、血行を促進するように心がけましょう。

食生活の見直しで血流改善

首・肩のこりからくる耳鳴りの場合、血の巡りを良くすることで耳鳴りが改善される例は少なくありません。そのために大切なのが、適度な運動や食生活の見直しです。血流をよくするためには野菜中心の食生活に切り替え、水をこまめに飲むのがベターです。

野菜に多く含まれる食物繊維は体内の余計なコレステロールを排出し、水は粘度の高くなった血液を適度に薄める働きをするからです。また、生姜にはショウガオールやガラノラクトンなどが含まれており、これらの成分は血管を拡張し、血流を促進する働きがあるので特におすすめです。他に緑茶やお酢なども血液をサラサラにし、血流を良くする作用があることで有名です。また、ジョギングやウォーキング、ストレッチなど軽い運動を日常的に行うのも血行促進に有効です。

まとめ

加齢による聴覚の機能低下や、ストレスや不規則な生活による自律神経の乱れ、また首・肩のこりなどから発生しやすい耳鳴り。一時的なものであれば、普段の姿勢や生活習慣を見直してみてください。ただし、ひどい耳鳴りが続くようなら、何らかの病気のサインというケースもあるため、気になる場合は早めに医療機関で診てもらうのがよいでしょう。

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE