たった10分!ガサガサ唇をプルプルにするとっておきの方法

EPARKリラク&エステ

2016年2月18日 更新

たった10分!ガサガサ唇をプルプルにするとっておきの方法

たった10分!ガサガサ唇をプルプルにするとっておきの方法

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

保湿とマッサージのW効果!しっとり唇のカギはラップと血行

空気の乾燥が気になる冬。この季節になると、唇がガサガサに荒れてしまう人も多いのではないでしょうか。リップクリームを塗るだけのケアは一時的なものですし、乾かないように唇を舐めるのは全くの逆効果。まずは、唇が荒れる原因をしっかりと理解することから始めましょう。もしかしたら、普段の何気ない生活習慣が唇の乾燥や荒れを招いているかもしれません。誰にでもできる簡単なリップケアで、しっとりプルプルの魅力的な唇を手に入れてください。

■ガサガサ唇の原因

唇が荒れる原因は、皮膚の薄さにあります。正確に言うと、唇は皮膚ではなく口の中からつながっている粘膜。そのため、皮膚のように自分で水分や油分を調整することができません。つまり非常に傷つきやすく、デリケートな部分なのです。
では、なぜ唇は荒れてしまうのか。その主な原因は次の5つです。

1)乾燥
口呼吸や紫外線、唇を舐める、水分不足など。特に冬の乾燥シーズンは、唇も渇きやすくなります。

2)刺激や汚れ
口紅のほか、辛いものや酸っぱいものなどを食べたときの刺激や汚れなど。また、合わないリップクリームも同様です。

3)ビタミン不足
粘膜を健やかに保つ働きを持つビタミンB群やC。偏った食事によってこれらが不足すると、デリケートな唇はダイレクトに影響を受けます。

4)胃腸の不調
胃や腸は口とつながり、さらには唇にもつながっています。そのため、胃腸の不調や荒れがそのまま唇にも影響するのです。

5)摩擦
口紅を落とすとき、あるいは食後に口を拭く際などは、その摩擦が薄い唇の皮膚を傷つけてしまいます。

■唇のおすすめ保湿方法

プルプルの唇を目指すなら、まずはしっかり保湿することが大切です。保湿の方法はさまざまですが、ここでは簡単かつ高い効果が得られる方法を2つご紹介しましょう。

・リップクリームとラップ
用意するものはリップクリームと、唇よりも少し大きめに切ったラップ。まず、唇にたっぷりリップクリームを塗りましょう。その上からラップをかぶせ、そのまま10分ほど待ちます。これでも充分ですが、さらにラップの上から蒸しタオルを当てると、より多くの保湿成分が唇に浸透するのでおすすめです。

・はちみつでリップケア
用意するものは、はちみつと食品を包む薄いフィルムまたはラップ。唇にはちみつを塗り、フィルムで覆い10分ほど放置してください。保湿だけではなく、はちみつのビタミンBが唇に浸透し、根本的に荒れを改善してくれます。

■マッサージによるリップケア

最後に、リップケアに繋がるマッサージをご紹介しておきます。保湿しつつ、さらにマッサージによるリップケアを行うことで、よりプルプルの唇に近づくことができるでしょう。
まずは口にめいっぱい空気を含み、頬を膨らませてください。そのまま唇をつき出したり、へこませたりする動作を繰り返します。すると表情筋が刺激され、血行が良くなって唇に潤いを与えてくれるでしょう。さらに発色がよくなり、健康的な唇になれるはずです。

◆執筆:青島幹子

関連キーワード

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE