産後に体重が減らない?その原因と対処法を徹底解説

EPARKリラク&エステ

2019年11月27日 更新

出産後1ヶ月は体重が減らない?産後の体重の減り方について

出産後1ヶ月は体重が減らない?産後の体重の減り方について


妊娠中に体重が増えるのは、ごく自然なこと。しかし、出産後しばらく経っても体重が減っていかないと焦ってしまいますよね。きちんとした知識を持っていれば、産後冷静に体重と向き合うことができるでしょう。今回は、出産後の女性が悩まされがちな産後の体重の減り方についてご紹介します。


 

産後は体が変化する!健康的なダイエットに最適化?


産後のダイエットがうまくいかないという話をときどき耳にします。しかし、実は一般的に骨盤が引き締まっていく産後の6カ月はやせやすいとされています。

 

また、母乳はママの血液から生成されますが、それにより思いのほかカロリーを消費するもの。出産後の授乳によって体重が減少する人もいるようです。


 

なぜ出産後に体重が減らない人がいるのか


出産後は体重が減りやすいといわれているのに、なぜ体重が減らない人がいるのでしょうか。それは、生活習慣や体質の変化が関係していると考えられています。

 

授乳期間が短い人や、授乳が終わったのに授乳期と同じように食べていた人は、体重が減らずに増えてしまったというケースもあるようです。さらに、体重が減らない原因のひとつとして考えられるのが、「筋肉量の低下」です。妊娠中は運動不足になりがちで、10カ月もの間にすっかり筋肉が落ちてしまったという人も多いでしょう。また、妊娠中はお腹まわりを中心に脂肪が付きやすく、さらにたっぷりと引き伸ばされてしまった筋肉は大きく緩んでしまい、筋肉量の低下を助長します。

 

筋肉量の低下は、基礎代謝の低下を招きます。その結果、消費カロリーも低下し体重が減りにくくなるのです。また、妊娠・出産を経験することで骨盤が開くと内臓が引き下がってポッコリお腹や大きなヒップの原因となり、血行も悪くなることで太りやすくやせにくい体になってしまうことも……。食べる量が変わらないのに体重が減らないという人は、筋肉量の低下や骨盤の歪みを疑ってみてください。

 


出産後の理想的な体重の減り方とは


産後すぐは、赤ちゃんの体重と羊水・胎盤・出血を合わせて45kg程減るのが一般的です。ここから1カ月間は、無理をしてはいけません。「赤ちゃんが生まれたら自然に体重が落ちていくと思っていたのに、なかなか落ちていかない」と不安になるかもしれませんが、出産後1カ月は体を元の状態に戻すための期間です。たとえ体重が減らなかったとしても焦らずに安静にしてください。

 

やせやすい時期は産後6カ月の間で、この期間が体重を減らすためのゴールデンタイムといわれています。ヨガやストレッチ、ウォーキングなどで無理なく体を動かすようにしましょう。この時期に気をつけたいことは、無理な食事制限をしないことです。体調が落ち着く時期だからといっても無理は禁物。栄養いっぱいの母乳をあげるためにも、バランスよくきちんと食事を取ってくださいね。

 

体重の減り方だけでなく、体型もチェックしましょう


出産後は、体重を減らすことにストイックになりすぎないようにしたいもの。体重計の数字だけにとらわれず、ウエストラインやヒップラインなどのシルエットもチェックしましょう。ボディラインが戻ってくれば、見た目印象は大きく変わってくるはずです。

 


まとめ


出産した後も、女性らしい美しいボディラインをキープしたいと思うのが女心というものです。出産後1カ月は体重が減らなないと不安に思うかもしれませんが、しばらくは安静に努めましょう。逆に数カ月を過ぎても全く体重が減らない場合は筋肉量の低下や骨盤の歪みが原因かもしれません。今一度、運動習慣を見直して、健康的なスリムを目指してください。


◆監修

成田亜希子先生
内科医・公衆衛生医師
成田亜希子(なりた あきこ)先生

2011年に医師免許取得後、臨床研修を経て一般内科医として勤務。公衆衛生や感染症を中心として、介護行政、母子保健、精神福祉など幅広い分野に詳しい。日本内科学会、日本感染症学会、日本公衆衛生学会に所属。二児の母でもある。

子育て割

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE