産後は体重が減る?一般的な減り方とケア方法

EPARKリラク&エステ

2016年12月29日 更新

出産後1ヶ月は体重が減らない?産後の体重の減り方について

出産後1ヶ月は体重が減らない?産後の体重の減り方について

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

妊娠中に体重が増えるのは、ごく自然なこと。しかし、出産後しばらく経っても体重が減っていかないと焦ってしまいますよね。きちんとした知識を持っていれば、産後冷静に体重と向き合うことができるでしょう。今回は、出産後の女性が悩まされがちな産後の体重の減り方についてご紹介します。

出産後は体重が減りやすいって本当?

産後のダイエットがうまくいかないという話をときどき耳にします。しかし、実は骨盤が引き締まっていく産後の6ヶ月はやせやすいという考え方もあるようです。

また、赤ちゃんが生まれて子育てが始まると、母子の触れ合いが増えることで「オキシトシン」というホルモンの分泌が盛んになります。オキシトシンは別名「愛情ホルモン」と呼ばれ、未解明な部分も多いもののストレスを緩和したり、免疫機能の強化にも作用するといわれています。その観点から、体調を整える機能も担ってくれている可能性が高いため、出産後は健康的にやせるには適しているといえるでしょう。また、出産後の授乳によって体重が減少する人もいるようです。

なぜ出産後に体重が減らない人がいるのか


出産後は体重が減りやすいといわれているのに、なぜ体重が減らない人がいるのでしょうか。それは、生活習慣や体質の変化が関係していると考えられています。

授乳期間が短い人や、授乳が終わったのに授乳期と同じように食べていた人は、体重が減らずに増えてしまったというケースもあるようです。さらに、体重が減らない原因のひとつとして考えられるのが、「筋肉量の低下」です。特に、腹筋が大きく影響していると考えられています。妊娠中お腹まわりに脂肪が付きやすく、さらにたっぷりと引き伸ばされてしまった腹筋は、大きく緩んでしまい一時的に筋力が低下してしまうのです。

筋肉量の低下は、基礎代謝の低下を招きます。その結果、消費カロリーも低下し体重が減らなくなると考えられるのではないでしょうか。また、妊娠・出産を経験することで骨盤が開くと内臓が引き下がり、圧迫された内臓の働きが低下して太りやすくやせにくい体になってしまうといいます。食べる量が変わらないのに体重が減らないという人は、筋肉量の低下や体の歪みを疑ってみてください。

出産後の理想的な体重の減り方とは


産後すぐは、赤ちゃんの体重と羊水・胎盤・出血を合わせて4~5kg程減るのが一般的です。ここから1ヶ月間は、無理をしてはいけません。「赤ちゃんが生まれたら自然に体重が落ちていくと思っていたのに、なかなか落ちていかない」と不安になるかもしれませんが、出産後1ヶ月は体を元の状態に戻すための期間です。たとえ体重が減らなかったとしても焦らずに安静にしてください。

安全にやせやすい時期は産後2~6ヶ月の間で、この期間が体重を減らすためのゴールデンタイムといわれています。ヨガやストレッチ、ウォーキングなどで無理なく体を動かすようにしましょう。この時期に気をつけたいことは、無理な食事制限をしないことです。体調が落ち着く時期だからといっても無理は禁物。栄養いっぱいの母乳をあげるためにも、バランスよくきちんと食事を取ってくださいね。

体重の減り方だけでなく、体型もチェックしましょう

出産後は、体重を減らすことにストイックになりすぎないようにしたいもの。体重計の数字だけにとらわれず、ウエストラインやヒップラインなどのシルエットもチェックしましょう。ボディラインが戻ってくれば、見た目印象は大きく変わってくるはずです。

まとめ

出産した後も、女性らしい美しいボディラインをキープしたいと思うのが女心というものです。出産後1ヶ月は体重が減らなくて不安に思うかもしれませんが、しばらくは安静に努めましょう。逆に数ヶ月を過ぎても全く体重が減らない場合は筋肉量の低下や食生活の乱れが原因かもしれません。今一度、運動や食事、睡眠など生活習慣を見直して、健康的なスリムを目指してください。

関連キーワード

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE