MAP
  • 今日OK
  • 明日OK
  • 男女OK

営業時間 10:00~19:30(最終受付18:30)
全ての営業時間

長野県塩尻市広丘野村1688-1 ギャザ1F西入口の横

最寄り駅:JR篠ノ井線 広丘駅 徒歩6分、車で3分

ネット予約でEPARKポイント貯まる!

空席確認・
予約にすすむ

癒し処倉田屋 塩尻GAZA店のブログ

筋肉について9(肩甲骨周りの筋肉その2)

こんにちは

今回は肩甲骨の前についている筋肉についてです。
前と言っても肩甲骨と肋骨の間や腋の下を経由していますので、
あまり目立たない存在です。

大小で役割が変わります

小胸筋 大胸筋の内側(深層)にあり、肩甲骨の外端、
烏口突起から、胸の高さの肋骨の3~4本と繋がっており、
肩甲骨を引き下げる役割があります。何か拾う動作や、腕を前に
振る動きの補助が役割です。
ちなみに大胸筋は腕を上げたり、体に引き寄せるのが主な役割
ですので、同じ「胸筋」と言っても、大と小で役割がかなり変わります。

前鋸筋 腋の下から脇腹付近の筋肉で、肩甲骨の内側のふちから、
8~9本の胸の肋骨の横側にまるで鋸(のこぎり)の刃のように
ギザギザの形で繋がっています。
特に肩甲骨を外側に開き、腕を前に押し出す役割があり、
この役割がボクシングのパンチに深くかかわっているので
「ボクサー筋」とも呼ばれます。
位置づけは深層ですが、下の方に行くと表面に近くなります。
まさにボクサーの胸から脇腹にかけて見える凹凸がこの前鋸筋ですね。

以上が肩甲骨の周りの筋肉の紹介です。
次回は上(首)に行こうか下(背中)に行こうか?

林(ボクサーのたくましい前鋸筋も憧れです)

倉田屋 塩尻GAZA店のスタッフ 林 宏昭

林 宏昭 ハヤシ ヒロアキ

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。