恐い鍼を顔に刺さずにたるみしわを改善する小型マシン

EPARKリラク&エステ

2016年4月1日 更新

顏のリフトアップ&肩こりに! 話題の「刺さない鍼」とは?

顏のリフトアップ&肩こりに! 話題の「刺さない鍼」とは?

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

「肩こりがひどいので一度鍼を受けてみたいけど、やっぱり怖い…」「美容鍼に興味がある。でも、顔にたくさん鍼を刺すのはちょっと…」。そんな言葉をときどき耳にします。

「鍼に興味はあるけど、敷居が高いのも事実」。こう思っている人は案外多いもの。

“刺さない鍼”の異名をもつ『ビューティーライザー』は、そんな方たちの救世主ともいえるアイテム。手のひらにすっぽり収まる小型のスティック型マシンを使って、顔やボディに独自の周波をあてることで、痛みや内出血などの心配なく、顔のたるみやほうれい線をケア。首・肩のこりや疲労の回復までが期待できるといいます。

今回は、この話題のマシンを導入し、体を根本から活性化させて若さと健やかさを取り戻す施術で定評のある、東京・池袋のエステティックサロン、『ジュングレーヌ』さんを訪問。代表の中村敏子さんにお話を伺ってきました。

■“刺さない鍼”では、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか?

【中村さん】
まず、顏の構造についてお話ししますね。私たちの顏というのは、たくさんの筋肉が重なり合って構成されています。そして筋肉というのは加齢とともに伸びて弛み、うまく収縮運動ができなくなっていきます。そうすると、弛んだ筋肉は重力に負けて下がってくる。これが肌の「たるみ」や「ほうれい線」につながるのです。

そこで、ビューティーライザーは何をしてくれるかというと、独自の周波によって鍼と同様の刺激を与えることで「運動神経」に働きかけ、筋肉が自らしっかりと運動できるように促してくれる。ちなみに運動神経とは、筋肉の運動を司っている神経となります。

【編集部】
顏の筋肉だけでなく、神経にまで働きかけることで、たるみやほうれい線などに対して大きな効果が得られるというわけですね。

【中村さん】
そうですね。気になる部分を伸ばしたりもみほぐしたりしても、その場しのぎで終わってしまうことが多く、根本的な改善は難しいと思います。一方、ビューティーライザーは、神経にアプローチすることによって、土台の部分からたるみやほうれい線ができにくい状態へ導いてくれる。これが大きな違いですね。

■ビューティーライザーは、肩こりや首のこりにも効果的?

【編集部】
顏のリフトアップだけでなく、肩や首のこりにもビューティーライザーは効果的だということですが。

【中村さん】
そうですね、筋肉の伸縮運動が高まると、そのポンプ作用によってリンパや血液の流れも改善されていきます。
顏の筋肉と同じように、加齢や疲労によって肩や首の筋肉の収縮運動が鈍くなると、リンパ液や血液の流れが滞り、酸素や栄養をうまく運べなくなったり、老廃物を流しにくくなるといった事態が起きやすくなります。するとその部分に重だるい、痛いといった違和感が生じてきます。そのまま放っておくと、硬い筋肉はさらに弾力を失って動きが悪くなり、血液やリンパの流れをより滞らせるという“負の連鎖”が起きてくるわけです。

【編集部】
なるほど。肩や首においても、根本から機能を改善させてくれるということですね。

【中村さん】
はい、美容面で注目されているマシンですが、肩こりや首のこり、疲労回復といった日々の体のメンテナンスにも大きく貢献してくれます。また肩や首のこりが改善されることで体内の巡りがよくなり、顏にもよい影響が出てくるのもうれしいですよね。

【編集部】
はい。痛みがないのはもちろん、安全性や即効性に優れ、料金的にも無理なく続けられるのがいいですね。本日はありがとうございました。

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE