頭の「こり」は顔にも影響するって本当?―頭のこりをほぐして若返り! 

EPARKリラク&エステ

2016年3月22日 更新

頭の「こり」は顔にも影響するって本当?―頭のこりをほぐして若返り! 

頭の「こり」は顔にも影響するって本当?―頭のこりをほぐして若返り! 

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

頭のこりがほぐれると顔にハリが生まれる!

肩や首がこっていると頭が痛くなったり、目がショボショボしてしまったりします。しかしそんなとき、頭皮のこりを意識する人は少ないでしょう。頭のこりは、人の表情に大きく関わっています。なぜなら、額のシワやまぶたのたるみなどは、頭のこりが引き起こしている場合があるあるからです。ハリが失われた顔はやつれて見えます。頭のこりを解消して、若々しい表情を取り戻しましょう。

■おでこ・まぶた

そもそも筋肉というものは、その名の通り筋でつながっています。そのため、どこかがこった状態、つまり血流が悪くなると他の部分にも影響を及ぼすのです。つまり、首や肩のこりが頭へ、そして頭から顔につながる前頭筋と側頭筋のこりになるのです。
こった前頭筋は、重力の作用に抵抗する力が減っています。そのため、下へ下へと向かってしまうのです。これによって額にシワができ、さらに近くにある眉間にシワが寄ったり、まぶたにたるみが生まれたり。すると、実年齢よりも上に見えてしまうという悲しい結果になってしまいます。

■目尻・あご

顔の輪郭に関わる側頭筋のこりは、目尻や頬、あごなど、フェイスラインに影響を及ぼします。血流の滞った側頭筋は、皮膚を引っ張る力が少ない状態。そのため、こればるほどその周囲をたるませてしまうのです。さらに加齢によって筋肉量が減ったり、必要な組織が減少したりすると、より加速度的にシワやたるみを目立たせてしまいます。

■頭のこりを解消してアンチエイジング

額や眉間のシワ、まぶた、頬やアゴのたるみが起きてしまう前に、頭のこりをほぐしましょう。そのためにおすすめなのが、やはりマッサージです。美容室などで仕上げに少しだけマッサージしてもらうと、それだけでスッキリしたという経験をお持ちの方は多いはず。これを普段の生活に取り入れてみてください。ただしマッサージ以前に、まずは頭皮を清潔に保つことが大切です。
まずは大きく手を広げ、指全体で頭皮をつかむようにします。そして指の腹で押しながら、頭全体をまんべんなくマッサージしていきましょう。最初は顔の輪郭、つまり髪の生え際から頭頂部に向かって。次に頭頂部から後頭部、最後に側頭部という順番でマッサージしてください。マッサージを続けていくうちに頭皮が柔らかくなり、顔の表情も若々しく変わっていくはずです。
デスクワークが多い、あるいは長い間テレビを見ているといった方は、長時間にわたって同じ姿勢をとっています。すると肩や首だけでなく、頭もこってしまいがちです。ときどき肩を上下させたり、軽く首をしたり。これに加えて、定期的に頭をマッサージしてみてはいかがでしょうか。

◆執筆:山岸 りん

リフトアップの他、目・肩・脳の疲れにも!

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE