夜ヨーグルトで寝ている間にお通じ良好!腸活中!

EPARKリラク&エステ

2015年9月10日 更新

ブームの予感?『夜ヨーグルト』で寝ながら腸活

ブームの予感?『夜ヨーグルト』で寝ながら腸活

  • faecbook
  • Twitter
  • google+

◆ えっ、朝からカレー? 夜なのにヨーグルト?

米・大リーグ、マーリンズのイチロー選手が、数年前まで毎朝カレーを食べていたという話は有名だ。これが朝カレーブームを呼び、ハウス食品からは『めざめるカラダ 朝カレー』なる製品まで登場した。朝マック、朝シャン、朝ラーメン、ワンダ モーニングショット、午後の紅茶、夜トマト、夜のお菓子……。ヒットの裏に“時間セグメント”あり。そこで今、ブームの兆しを見せているのが『夜ヨーグルト』だ。すっかり朝のイメージが定着しているヨーグルトをあえて夜食べる。そこにどんなミラクルが隠れているのだろうか?

◆ 腸の“ゴールデンタイム”は夜10時から翌日2時

乳酸菌をはじめとする善玉菌がもたらす「整腸作用」で知られるヨーグルト。実は腸を整えるのはすごく大切で、私たちが摂った栄養分は腸で消化・吸収され、血液を通して全身に運ばれる。つまり、腸内環境が悪いと汚れた血液が全身に巡り、吹き出物やくすみ、便秘、イライラ、免疫力や代謝の低下、老化など、あらゆる現象の引き金となってしまうのだ。
そこで『夜ヨーグルト』である。もちろん朝や昼にヨーグルトを食べてもいいのだが、夜の摂取はより吸収が高まるという。私たちのカラダは、朝は「排泄」、昼は「消化&栄養補給」、夜は「吸収」というリズムをもち、とりわけ腸の働きが最も活発になる夜10時から翌日2時は、腸の“ゴールデンタイム”といわれているのだ。このタイミングに合わせてヨーグルトを食べることで効率的に腸内環境を整え、ダイエット、アンチエイジング、美肌などをスムーズに叶えてしまおうというのが『夜ヨーグルト』のメソッドである。

◆ 校則違反的なスリルが、アンチエイジングにもよさそう♪

さて、さっそくスーパーでプレーンヨーグルトを購入し、『夜ヨーグルト』デビュー。食べ方のポイントは、夕食後に120g程度(通常のカップヨーグルト1個は約80g)のヨーグルトを摂ること。カロリーを抑えたタイプを選び、就寝の3時間前には食べ終わっているのがベターだ。


甘みが欲しい人はフルーツやハチミツをプラスして。とりあえず冷蔵庫にあったブルーベリージャムをトッピング☆ 写真暗っ!(夜だからね…)

夜にヨーグルトを食べるだけなのに、何だろうこのイベント感(笑)。朝ヨーグルトだとお腹がゴロゴロしたりするが、夜は吸収タイムだけあってゴロつくこともなく安定。今まさに乳酸菌たちが腸へと突進し、自分が寝ている間にせっせと腸内を整えてくれるのかと思うと愛しささえ覚える。

翌朝。お通じ良好、肌の調子もメイクのノリも悪くない。睡眠バッチリ、イライラもなし(笑)。2日目、3日目はさらにコンディション上々。しかし、すでにメンタルの高揚感は薄れ気味…。腸内環境を整えるには続けることが肝心なので、いかに飽きずにヨーグルトを食べ続けられるかが今後の課題となりそうだ。

ともあれ、寝ている間に“腸活”ができるなんて、睡眠学習的なお得感があってうれしいではないか。そして、「夜にヨーグルト」という校則違反的なスリルがほどよく脳を刺激して、若返りにも一役かってくれそう。秋の夜長にヨーグルト、なかなかオツなものです♪ なお、ヨーグルトには微量ながら眠りを誘うメラトニンという成分が含まれているので、「最近、眠りにつきにくくて…」とお悩みの方もぜひ!

★編集部T妄想&デザイン『夜のヨーグルト』

スーパーのヨーグルト売り場は見事に白! こんな異端児がいてもよいのでは?

今すぐ行きたくなったら。明日から予約できる!EPARKリラク&エステ

MENU OPEN

MENU CLOSE