マッサージ・リラクゼーションの種類

温浴/温浴施設

温浴とはお湯に入ること。水に入ることは「水浴」といいます。銭湯、スーパー銭湯、温泉、健康ランドなど、温浴ができる施設全般を温浴施設と呼びますが、温泉施設と形態は似ているものの温泉水を使用していない大型の公衆浴場を、温泉施設と区別する意味で温浴施設と呼ぶこともあります。温浴の健康効果は血行促進、自律神経の調整、リラックスなどで、「湯治」という言葉があるように、温泉に入浴したり飲泉するなどして疾病のケアを図るという温泉療法は、日本で古くから行なわれていました。なお、42度以上の高温浴は交感神経を刺激して心身を活動的にし、35〜38度の微温浴では副交感神経が働いて精神的な安らぎが得られるといいます。

温浴/温浴施設のイメージ

いろいろな種類がある温浴施設

近年では「スーパー銭湯」と呼ばれる大型の温浴施設が全国に広まり、誰でも気軽に近場で温浴を楽しむことができるようになってきました。
スーパー銭湯ではバリエーションに富んだ温浴を体験することができ、天然温泉とはまた異なった魅力があります。温泉成分の含まれる湯はもちろん、露天風呂、ハーブや薬草が入った袋を入れたハーブ湯、ジェット噴流が噴き出すジェットバス、体に害が起こらない程度のほどよい電流を流す電気風呂など、好みの湯を好きなだけ体験することができるのも魅力。特にほどよい温かさの中で石の上に寝転ぶことで、大量の発汗を促しデトックス効果を得られる岩盤浴は、老若男女誰でも利用できることから幅広く支持されています。

こういった温浴施設にはマッサージが受けられる施設やエステなどが併設されていることも多く、心と体を存分にリフレッシュすることも可能なほか、施設によっては飲食店やゲームセンターなどさまざまな店舗が入っており、単なる温浴場を超えたエンターテイメント施設として定着し始めています。

また「スパ」とも呼ばれる西洋由来のリラクゼーション施設も増加してきています。温浴施設とスパを明確に分類することは難しいですが、単なる全身浴や湯治だけでなく湯を用いたエステやフィットネスなどを含むリラクゼーション・リフレッシュの一環としての施設がスパであると考えられます。

効果的な温浴方法

湯に浸かることでさまざまな効能を得られる温浴ですが、より効果的に温浴効果を得るためにはいくつかのポイントがあります。

  • 温浴の前には適度な水分とカロリー補給を

    長時間の温浴はエネルギーを消費します。入浴によって体力を奪われると体調不良の原因となりますので、入浴の前には適度に水分とカロリーを補給しておきましょう。

  • 入浴と休憩を交互に繰り返す

    温浴効果を得るために長時間湯に浸かり続けるのは逆効果。気分が悪くならない程度に目安時間を決めて休憩し、また入るということを繰り返しましょう。休憩中に水分補給をするのもおすすめです。しかしせっかく温まった体を長時間の休憩で冷やしてしまうのも良くありませんので、休憩時間は5分以内にしておきましょう。

  • 体は優しく洗い、上がるときのシャワーは控えめに

    温泉の成分によっては浸かっているだけでも体の汚れが落ちる効果が含まれている場合があります。また長時間の入浴は肌にも負担がかかりますので、体はゴシゴシとこすらずに優しく洗うようにしましょう。また、温泉から上がる際にシャワーでしっかり体を流してしまう人もいますが、温泉の成分が流れ落ちてしまうため控えめにしておくのがよいでしょう。温泉成分には美肌効果が含まれるものも多く、これらの成分は肌に留まるすることでより効果を発揮するとされていますので、温泉から上がる時はかけ湯の時と同じ温泉のお湯をさっと流して出るのがベターです。

スパ系マッサージ・リラクゼーション

温浴/温浴施設のイメージ

岩盤浴・スパ・温浴のサロン検索温浴とはお湯に入ること。水に入ることは「水浴...

岩盤浴のイメージ

岩盤浴・スパ・温浴のサロン検索40〜60度ほどに温めた天然岩石の上にタオル...

ゲルマニウム温浴のイメージ

岩盤浴・スパ・温浴のサロン検索肩こり・首の痛み改善のサロン検索...

酸素のイメージ

現代人はストレスや大気汚染などにより、知らず知らずのうちに酸素不足に陥っています。酸素バーや...

スパのイメージ

岩盤浴・スパ・温浴のサロン検索英語で温泉・療養温泉を意味するスパ。語源...

炭酸のイメージ

炭酸のサロン検索スキンケアからヘアケアまで、そのマルチな効果により近年...

フィッシュスパのイメージ

素足になって膝から下を温水に浸し、水中を泳ぐ小魚に足の古くなった角質をついばませるという...

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。